三十三間堂見どころ2-修学旅行・観光の簡単解説

三十三間堂見どころ

三十三間堂見どころ簡単解説

三十三間堂見どころポイントを簡単にまとめて解説しています。三十三間堂の境内の南西に鎮守社である久勢稲荷大明神が祀られています。久勢稲荷大明神にはお稲荷さんのお使いであるきつね(狐)が置かれています。三十三間堂では例年1月中旬頃に通し矢(大的全国大会)が行われています。(三十三間堂見どころ下記参照)

●蓮華王院本堂(国宝)・仏像・南大門(重要文化財)などの三十三間堂見どころは下記リンクから確認することができます。
三十三間堂見どころ

【三十三間堂 歴史・簡単概要】
三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)とは平安時代中期の988年(永延2年)に太政大臣(だじょうだいじん)・藤原為光(ふじわらのためみつ)が造営した私邸があった場所とも言われています。三十三間堂は平安時代後期の1165年(長寛2年)に後白河上皇(第77代・後白河天皇(ごしらかわてんのう))が平清盛(たいらのきよもり)に資材協力を命じ、離宮・法住寺殿(ほうじゅうじどの)の一画に創建したのが起源です。ただ鎌倉時代前期の1249年(建長元年)に焼失し、1266年(文永3年)に後嵯峨上皇(第88代・後嵯峨天皇(ごさがてんのう))が蓮華王院本堂のみを再建しました。
京都・三十三間堂歴史(起源・・・)

スポンサーリンク

【三十三間堂-太閤椿・見どころ解説】
太閤椿(たいこうつばき)は普通の椿の倍ほどの大きさの花が咲く、大盃(おおさかずき)という品種です。太閤椿は加藤清正(かとうきよまさ)が関白・豊臣秀吉に献上したとも言われています。なお太閤椿は例年4月頃に見ごろを迎えます。
(三十三間堂-太閤椿・ポイント豆知識)
●加藤清正は豊臣秀吉の子飼いの家臣で、賤ヶ岳の七本槍(しずがたけのしちほんやり)の一人に数えられました。

【三十三間堂-桜・見どころ解説】
境内東側の東庭池泉式回遊庭園や蓮華王院本堂西側に枝垂桜・陽光桜・彼岸桜・河津桜・十月桜などが植えられ、例年3月下旬頃から4月上旬頃に見ごろを迎えます。
三十三間堂桜見ごろ

【三十三間堂-久勢稲荷大明神・見どころ解説】★修学旅行・観光必見
久勢稲荷大明神(くぜいなりだいみょうじん)は鎮守社で、境内の南西にあります。久勢稲荷大明神にはお稲荷さんのお使いであるきつね(狐)が置かれています。なお久勢稲荷大明神では毎年秋に山伏(やまぶし)によるお火焚き(おひたき)が行われます。

【三十三間堂-参進閣・見どころ解説】
参進閣(御朱印授与所)は蓮華王院本堂(三十三間堂)の玄関口になっています。参進閣では下足を脱ぎ、蓮華王院本堂に出入りします。現在の参進閣は1960年(昭和35年)に建てられた旧・参進閣が老朽化した為、2017年(平成29年)に新たに建てられました。参進閣は面積約240平方メートルから面積約640平方メートルに拡張され、冷暖房完備のバリアフリー、そして耐震化が施されています。

【三十三間堂-通し矢・見どころ解説】
例年1月中旬頃に通し矢(大的全国大会)が行われています。通し矢は本堂西側の特設射場で行われます。通し矢では新成人の男女が60メートル先の直径約1メートルの的を狙います。なお通し矢の名称は軒下を通すことに由来しています。
(三十三間堂-通し矢・ポイント豆知識)
●通し矢の起源は明確ではありません。通し矢は鎌倉時代に正月に行っていた射礼(じゃらい)が起源とも、室町時代末期に始まったとも言われています。
三十三間堂通し矢

【三十三間堂-楊枝のお加持・見どころ解説】
例年1月中旬頃に楊枝のお加持(やなぎのおかじ)が行われています。楊枝のお加持は後白河法皇の頭痛平癒にあやかる法要です。本尊前で7日間祈祷した浄水を人間の煩悩を除くとされる霊木・楊枝の枝で降り注ぎ、無病息災・厄除開運のご利益を授けます。
(三十三間堂-楊枝のお加持・ポイント豆知識)
●楊枝のお加持はインド伝来の修法と言われているそうです。
三十三間堂楊枝のお加持

【三十三間堂-春桃会・見どころ解説】
「三」に因み、「三」が重なる3月3日の桃の節句に春桃会(しゅんとうえ)が行われています。3月3日は陽数(奇数)が重なり、陰陽道では縁起がよいとされているそうです。春桃会では無事息災を祈願します。
(三十三間堂-春桃会・ポイント豆知識)
●春桃会では女性専用の桃のお守りが授与されます。
三十三間堂春桃会

【三十三間堂-妙法院・見どころ解説】★修学旅行・観光必見
三十三間堂は天台宗の門跡寺院・妙法院(みょうほういん)の境外仏堂です。現在妙法院が所有・管理しています。ちなみに妙法院は京都市東山区妙法院前側町447にあります。なお妙法院は比叡山三千坊(ひえいざんさんぜんぼう)と言われる比叡山上にあった坊が起源と言われ、初代門主は伝教大師(でんぎょうだいし)・最澄(さいちょう)とされています。
妙法院(アクセス・・・)

【三十三間堂見どころ 備考(参考リンク)】
*参考・・・京都・三十三間堂(アクセス・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る