相国寺ハス見ごろ2022(6月下旬~8月上旬頃)

相国寺ハス見ごろ(例年)・見どころ

相国寺ハス見ごろ(時期・イベント・・・)を紹介しています。相国寺では勅使門前にある放生池にハスが植えられ、放生池の周りにハスの鉢が置かれます。ハスには白光蓮・黄玉杯・楚天祥雲・八重茶碗蓮・落霞映雪・真如蓮・巨椋の曙などがあり、ピンク色や白色のハナを咲かせます。(詳細下記参照)

【相国寺 ハス見ごろ(例年)】
相国寺のハス見ごろは例年6月下旬頃から8月上旬頃です。なおハスの見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。
京都ハス名所・見ごろ

【相国寺ハス見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町701
最寄り駅・バス停・・・今出川駅(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から相国寺は地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ

スポンサーリンク

【相国寺 ハス見ごろ(例年)・見どころ解説】
相国寺はハス(蓮)の名所です。相国寺のハス見ごろは例年6月下旬頃から8月上旬頃です。
相国寺では勅使門(京都府指定有形文化財)前にある放生池(ほうじょうち)にハスが植えられ、放生池の周りにハスの鉢が置かれます。ちなみに放生池は柵に囲まれ、天界橋が架けられています。ハスには白光蓮(びゃっこうれん)・黄玉杯(こうぎょくはい)・楚天祥雲(そてんしょううん)・八重茶碗蓮(やえちゃわんはす)・落霞映雪(らっかえいせつ)・真如蓮(しんにょれん)・巨椋の曙(おぐらのあけぼの)・和蓮(われん)・碧翠蓮(へきすいれん)・舞妃蓮(まいひれん)・大賀蓮(おおがはす)・粉霞(ふんか)・金輪蓮(こんりんれん)・ミセススローカムなどがあり、ピンク色や白色の花を咲かせます。ハスの花は早朝に咲き、昼頃には閉じます。なお放生池には睡蓮(スイレン)も咲いています。
放生池は捕らえた魚類などを殺さずに放す放生会(ほうじょうえ)を行う為の池です。ちなみに放生会は6世紀に天台教学の大成者で、天台宗の開祖・智顗(ちぎ)が始めたとも言われています。
勅使門は慶長年間(1596年~1615年)に再建されたと言われています。勅使門は御幸門(みゆきもん)とも言われ、特別の時に使用されます。なお勅使門は四脚門です。
ハス(蓮)はインド原産のハス科の多年性水生植物です。ハスは古くに中国から渡来し、食用のレンコン(蓮根)や観賞用のハナハス(花ハス)として、日本各地の池・沼・水田などで栽培されるようになりました。ハスは花托(かたく)の形状が蜂の巣に似ていることから古くは「はちす」と言われていました。ハスの花は蓮華(れんげ)と言われ、その名称は仏教とともに中国から伝来したとも言われています。如来像の台座には蓮華をかたどった蓮華座になっています。ハスは泥水の中から清浄な美しい花を咲かせることから仏の知恵や慈悲の象徴とされています。またハスは泥より出でて、泥に染まらずと称され、清らかさや聖性の象徴ともされています。ちなみに極楽浄土の池には「阿弥陀経(あみだきょう)」によると青・黄・赤・白色の車輪のような大きなハスの花が咲いていると言われているそうです。ハスは夏に水上に花茎を伸ばし、紅・淡紅・ピンク色・白色などの花を咲かせます。ハスの花は径10~25センチ、花弁が20数枚で、芳香があります。なおハスの花は早朝に咲き、昼頃には閉じます。
相国寺見どころ

【相国寺 歴史・簡単概要】
相国寺(しょうこくじ)は南北朝時代の1382年(弘和2年・永徳2年)に室町幕府3代将軍・足利義満(あしかがよしみつ)が室町第(むろまちだい)・花の御所の東に夢窓国師(むそうこくし)・夢窓疎石(むそうそせき)を開山に一大禅宗伽藍を建立することを発願したのが起源です。相国寺の名称は相国寺創建時に足利義満が左大臣(相国)であったことに由来しています。相国寺は1392年(元中9年・明徳3年)に伽藍が完成し、北側の上御霊神社(かみごりょうじんじゃ)の森・東側の寺町通・西側の大宮通に渡る約144万坪の広大な敷地に50余りの塔頭(たっちゅう)寺院もあったと言われています。その後度々焼失し、1403年(応永10年)に史上最も高かったとも言われている七重大塔(360尺・100メートル以上)が落雷によって焼失しました。その後も室町時代中期の応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火などでも度々焼失し、安土桃山時代の1584年(天正12年)に中興の祖・西笑承兌(さいしょうじょうたい)が再建しました。しかしその後も度々焼失し、江戸時代後期の1788年(天明8年)の天明の大火で、江戸時代初期の1605年(慶長10年)に再建された日本最古の法堂(本堂)以外の伽藍が焼失しました。
相国寺は臨済宗相国寺派の大本山です。
*参考・・・京都・相国寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ

【相国寺ハス見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
相国寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る