太子山(ちまき販売2021・ご利益・飾り方・・・)

太子山

太子山

太子山(ちまき販売・場所位置・・・)を紹介しています。太子山ちまき販売は例年7月14日から16日です。(要確認)14~15日(10:00~22:00)・16日(10:00~21:00)ただ売り切れあり。なお太子山ちまきのご利益は知恵授与・身代りです。

【祇園祭ちまき販売(前祭) 販売日・時間(要確認)】
祇園祭ちまき販売(前祭)は例年7月14日~16日です。一部の山鉾町では7月13日から始まります。●ちまきの飾り方は疫病神が進入してくる玄関の軒下などに吊るします。ちまきの処分は山鉾町や八坂神社に納めます。
祇園祭ちまき販売(前祭)2021
祇園祭2021日程(山鉾巡行・宵山・・・)祇園祭2021日程一覧(山鉾巡行・宵山・・・)

【太子山 場所マップ・アクセス】
場所・・・京都府京都市下京区油小路通仏光寺下る太子山町
最寄り駅・バス停・・・四条駅(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ
祇園祭山鉾マップ(前祭)

【太子山 ちまきなどの授与品】
杉の葉入りちまき(粽)・絵馬・知恵のお守り・杉のお守りなど

【太子山 搭乗】

【太子山 ご利益】
知恵授与・身代り

スポンサーリンク

【太子山 歴史・簡単概要】
太子山(たいしやま)は聖徳太子が大阪・四天王寺の創建の際、自ら良材を求めて山に入り、老人に大杉の霊木を教えられ、六角堂を建立したという伝説に由来しています。なお聖徳太子(しょうとくたいし)は厩戸皇子(うまやど)・豊聡耳皇子(とよとみみ・とよさとみみ)・上宮(じょうぐう)太子とも言われます。聖徳太子は用明天皇と皇后・穴穂部間人(あなほべのはしひと)の皇子として生まれ、叔母にあたる推古天皇の皇太子・摂政として、内政・外交などの政治に尽力し、冠位十二階・憲法十七条を制定したり、小野妹子(おののいもこ)を遣隋使(けんずいし)として派遣したりしました。また仏教の興隆に尽力し、三経義疏(さんぎょうぎしょ)を著したり、四天王寺・法隆寺(斑鳩寺)・中宮寺(中宮尼寺)・橘寺など七大寺と言われる寺院を創建したりしました。
*参考・・・太子山(祇園祭山鉾前祭)

【太子山 特徴・懸装品】
●太子山では聖徳太子が四天王寺を建立する際に自ら良材を求め、山に入ったことから真木に他の山と同じ松ではなく、杉を立てています。なお杉には小さな如意輪観音像(にょいりんかんのんぞう)を祀っています。
●御神体の太子像は少年の姿で、右手に斧、左手に衵扇(あこめおうぎ)を持っています。なお衵扇は細長い桧の薄板を連ねて綴じられた扇です。
●前懸は緋羅紗地(ひらしゃじ)に阿房宮(あぼうきゅう)の刺繍、胴懸は金地孔雀唐草図のインド刺繍、水引は網目模様の組紐七宝編みです。見送の波濤に飛龍文様錦織は2003年(平成15年)に新調されました。角金物(すみかなもの)には飛龍が飾られています。
●太子山独特の舞台裏中釣幕は2007年(平成19年)に新調されました。

【太子山 備考(要確認)】
太子山の山建て・・・7/13 8:00~
日程・時間は変更になっている場合があります。必ず確認して下さい。
宵山では知恵のお守り・杉のお守りが授与されます。

関連記事

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 梅

    京都梅見ごろ2021(北野天満宮・梅宮大社・・・)

  2. 八坂神社節分祭

    京都節分祭・豆まき2021/2/1~(日程・お化け・・・)

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る