真如堂

真如堂

真如堂(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。真如堂は紅葉が有名ですが、三井家の菩提寺としても有名です。境内には三井高利ら三井一族の墓石が並んでいます。なお真如堂は浄土宗の重要な仏教行事であるお十夜(10日間の昼夜をひとつの区切りとして行われる念仏会)は真如堂が発祥です。

【真如堂 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市左京区浄土寺真如町82
最寄り駅・バス停・・・真如堂前(徒歩約8分)、錦林車庫前(徒歩約8分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から真如堂は5系統(A1乗り場)
*四条河原町からは5系統、32系統、203系統
*四条烏丸からは5系統、203系統
*河原町丸太町からは204系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサードリンク


【真如堂 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~16:00 受付15:45終了

【真如堂 拝観料金・料金(要確認)】
大人500円、高校生300円、中学生200円、小学生無料
15名以上は1割引です。

【真如堂 歴史・簡単概要】
真如堂(しんにょどう)・真正極楽寺(しんしょうごくらくじ)は984年(永観2年)比叡山の僧・戒算上人(かいさんしょうにん)が夢告により、比叡山・常行堂の本尊・阿弥陀如来(慈覚大師作)を東三条院・藤原詮子(円融天皇の女御・一条天皇の生母)の女院離宮に安置したのが起源です。その後一条天皇の勅願寺となり、不断念仏の道場として、浄土宗の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)や浄土真宗の開祖・親鸞聖人(しんらんしょうにん)などの念仏行者や民衆から信仰されました。ただ応仁の乱や度重なる火災によって堂塔は焼失し、足利将軍家や豊臣秀吉の命により、度々移りました。なお1693年(元禄6年)に現在の場所に再建されました。
真如堂は天台宗の寺院です。
*参考・・・真如堂(アクセス・歴史・・・)ホームページ真如堂(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【真如堂 見どころ・文化財】
真如堂の見どころは紅葉です。紅葉の見頃は年によって多少前後するが、11月末~12月初旬が見頃です。また比叡山を借景にした枯山水の涅槃の庭も見どころです。なお真如堂は桜の名所でもあり、見どころです。
京都紅葉名所・見頃
京都桜名所・見頃

国宝・・・法華経 自巻第二至巻第七
重要文化財・・・本堂、紙本著色真如堂縁起・下巻、絹本著色普賢菩薩像、紙本著色真如堂縁、紙本墨画淡彩寒山拾得図、木造阿弥陀如来立像、慈円僧正消息

【真如堂 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-771-0915

【真如堂 備考(アクセス・御朱印・駐車場・・・)】

【真如堂 おすすめ散策ルート】
真如堂からのおすすめ散策ルートは東側にある哲学の道を北に進み、銀閣寺(東山慈照寺)に向かうルートです。20分ほど哲学の道を散策すれば、世界遺産である銀閣寺まで行け、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお銀閣寺とは逆に哲学の道を南に進むと紅葉(もみじ)が有名な永観堂(禅林寺)や水路閣が有名な南禅寺があり、それらを散策するのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

イベント・行事

  1. 知恩院試し撞き

    2016年12月のイベント

    京都市内などで2016年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る