東本願寺紅葉見ごろ2021(11月上旬~下旬頃)

東本願寺紅葉見ごろ(例年)・見どころ

東本願寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。東本願寺では総合案内所前・阿弥陀堂前・御影堂門前の烏丸通にいずれも下京区・区民の誇りの木に選ばれているイチョウが植えられ、紅葉(黄葉)と阿弥陀堂・御影堂門・烏丸通などの光景が美しいと言われています。(詳細下記参照)

【東本願寺 紅葉見ごろ(例年)・2021年の予想】
東本願寺の紅葉見ごろは例年11月上旬頃から11月下旬頃です。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2021年10月13日、ウェザーニュースは西日本では平年並から早いと予測しました。嵐山は11月21日頃です。
京都紅葉見ごろ2021

【東本願寺紅葉見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市下京区烏丸通七条上ル常葉町754番地
最寄り駅・バス停・・・烏丸七条(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から東本願寺は5系統(A1乗り場)、26系統(D3乗り場)、205系統(B3乗り場)、206系統(D2乗り場)、208系統 (C1乗り場)
*四条河原町からは5系統
*四条烏丸からは5系統
路線・時刻表・運賃チェック

*JR西日本の場合、最寄り駅は京都駅(徒歩約7分)
*地下鉄烏丸線の場合、最寄り駅は五条駅(徒歩約5分)

スポンサーリンク

【東本願寺 紅葉見ごろ(例年)・簡単解説】
東本願寺は紅葉の名所です。東本願寺の紅葉見ごろは例年11月上旬頃から11月下旬頃です。東本願寺は標高約32メートルです。
東本願寺では総合案内所前・阿弥陀堂前・御影堂門前の烏丸通にいずれも下京区・区民の誇りの木に選ばれているイチョウが植えられ、紅葉(黄葉)と阿弥陀堂・御影堂門・烏丸通などの光景が美しいと言われています。御影堂門前の烏丸通では噴水周辺にイチョウ並木があります。ちなみに東本願寺の飛地である渉成園(枳殻邸) にも下京区・区民の誇りの木に選ばれているイチョウも植えられています。渉成園にはイチョウ以外にもカエデ・サクラなども植えられ、例年11月中旬頃から11月下旬頃に紅葉の見ごろを迎えます。なお東本願寺では11月から2月までは6:20から16:30まで拝観でき、早朝から拝観するのもいいかもしれません。(要確認)
イチョウ(銀杏)は裸子植物で、落葉性高木です。イチョウ類はペルム紀(約2億9,900万年前~約2億5,100万年前)に出現し、世界で最古の現生樹種のひとつに数えられています。イチョウは中国原産で、日本には仏教の伝来とともに伝わったとも言われています。イチョウは耐寒・耐暑性があり、日本では北海道から沖縄まで広く植栽されています。イチョウは秋に黄葉し、その後落葉します。またイチョウは種子・銀杏(ぎんなん)を結び、食用や薬用(漢方)に利用されています。
阿弥陀堂は1895年(明治28年)に再建されました。阿弥陀堂は内陣本間の須弥壇に本尊・阿弥陀如来を安置しています。阿弥陀堂は南北約52メートル・東西約47メートル・高さ約29メートルで、入母屋造の本瓦葺です。
御影堂門は1911年(明治44年)に再建されました。御影堂門の上層には釈迦如来像を中心に弥勒菩薩像・阿難尊者像を安置しています。御影堂門は入母屋造の本瓦葺です。
烏丸通は北端の今宮通から南端の十条通南まで南北に走っています。烏丸通はかつて烏丸小路でした。平安京ではメインストリートが朱雀大路だったが、烏丸通が京都御所の西側を南北に走っていることから今朱雀とも言われています。
渉成園は東本願寺の飛地境内で、200メートル四方のほぼ正方形の池泉回遊式庭園です。渉成園の名称は中国の詩人・陶淵明の「園日渉而成趣」の詞に由来しています。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期に庶民の行楽として人気になったと言われています。なお奈良時代末期成立の日本最古の和歌集「万葉集(まんようしゅう)・萬葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。
東本願寺見どころ

●京都で人気の紅葉名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都紅葉名所・見ごろ

【東本願寺 歴史・簡単概要】
東本願寺(ひがしほんがんじ)・真宗本廟(しんしゅうほんびょう)は江戸時代初期の1602年(慶長7年)に本願寺第11世宗主・顕如(けんにょ)の長男で、東本願寺第12代法主・教如(きょうにょ)が江戸幕府初代将軍・徳川家康(とくがわいえやす)から寺地を寄進され、本願寺(西本願寺)の東に創建しました。その結果本願寺は東西に分立することになりました。教如は桃山時代の1592年(天正20年)に父・顕如が亡くなると本願寺を継承したが、石山合戦(いしやまかっせん)で篭城した強硬派を側近に置き、顕如とともに鷺森に退去した穏健派と対立し、関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)の怒りを買って退隠させられました。その後度々火災に見舞われ、「火出し本願寺」と揶揄されました。東本願寺は1864年(元治元年)の禁門の変(元治の大火)のどんどん焼け後に再建されました。なお西本願寺(にしほんがんじ)は1272年(文永9年)に浄土真宗の開祖・親鸞聖人(しんらんしょうにん)の末娘・覚信尼(かくしんに)が東山鳥辺野北大谷(元大谷)の石塔に納められていた遺骨を改葬し、東山吉水北に六角の廟堂を建立したのが起源と言われています。
東本願寺は真宗大谷派の本山です。
*参考・・・京都・東本願寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ

【東本願寺紅葉見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
東本願寺(アクセス・見どころ・・・)情報
*京都の紅葉名所では紅葉の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都紅葉ライトアップ2021

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る