保昌山(ちまき販売日程・ご利益・・・)祇園祭前祭山鉾

保昌山

保昌山

保昌山(ちまき販売日程・ご利益・マップ)を紹介しています。保昌山のちまき販売は例年7月13日から16日です。(要確認)保昌山のご利益は縁結びです。保昌山は和泉式部と平井保昌との恋物語に由来しています。

★保昌山のちまき販売(前年):7月13日(15:00~22:00)・14日~16日(9:00~22:00)(変更・中止等あり)
★祇園祭最新情報。

【祇園祭ちまき販売(前祭) 販売日・時間(要確認)】

祇園祭ちまき販売(前祭)は例年7月14日~16日です。一部の山鉾町では7月13日から始まります。ネットでちまき販売が行われることもあります。
祇園祭ちまき販売(前祭)
●祇園祭の主要行事の日程を確認できます。(下記リンク参照)
祇園祭2024日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

【保昌山の場所位置 マップ・アクセス】

場所・・・京都府京都市下京区東洞院通松原上る燈籠町
位置・・・東洞院通(南北)・高辻通(東西)交差点の南約30メートルの東洞院通
最寄り駅・バス停・・・四条駅(徒歩約7分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
祇園祭山鉾マップ(前祭)by グーグルマップ

【ちまき(粽)などの授与品】

ちまき(粽)・手拭・絵馬など

【搭乗(要確認)】

【ご利益】

縁結び

スポンサーリンク(Sponsor Link)

【保昌山 歴史・簡単概要】

保昌山(読み方:ほうしょうやま)は起源が明確ではありません。保昌山は室町時代中期の応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))前の山鉾と地名を記した「祗園社記(ぎおんしゃき)」第15(八坂神社記録)には「花ぬす人山(五条東洞院高倉間)」と記され、応仁の乱前には既に創建されていたと言われています。ちなみに御神体の頭部は1500年(明応9年)に遡ると言われています。1868年(明治元年)に花盗人山(はなぬすっとやま)から保昌山に名称が改められました。1963年(昭和38年)に舁山として初めて車輪がつけられました。
保昌山は平安時代中期の女流歌人・和泉式部(いずみしきぶ)と和泉式部から御所・紫宸殿(ししんでん)の紅梅を手折って欲しいと頼まれた丹後守(たんごのかみ)・平井保昌(ひらいやすまさ・藤原保昌)との恋物語に由来しています。平井保昌は一枝を折ったが、それを警護の北面武士に発見され、矢を放たれて逃げ帰ったとも言われています。平井保昌と和泉式部は藤原道長の薦めもあって結婚しました。和泉式部は再婚だったそうです。和泉式部は女房三十六歌仙の一人で、「和泉式部日記」の作者と言われています。
平井保昌(藤原保昌)は藤原致忠と元明親王の娘の間に生れました。日向守・肥後守・大和守などを歴任し、従四位下に叙されました。平井保昌は和歌・音楽をたしなむだけでなく、武勇にも秀で、源頼信(みなもとのよりのぶ)・平維衡(たいらのこれひら)・平致頼(たいらのむねより)らとともに太政大臣・藤原道長(ふじわらのみちなが)に仕え、道長四天王と称されました。平井保昌は夜の都大路で笛を吹き、衣を奪おうとした盗賊・袴垂保輔を威圧して恐怖させた話が知られています。また平井保昌は源頼光とともに鬼退治(酒呑童子)も行ったことも知られています。なお平井保昌は摂津国平井(宝塚市)に住し、名前の由来になっています。
*参考・・・保昌山

【特徴・懸装品(変更の場合あり)】

  • 緋縅(ひおどし)の鎧に太刀を付け、梨地蒔絵(なしじまきえ)の台に紅梅を一杯に持って掲げている御神体を祀っています。御神体の頭は戦国時代(室町時代後期)の1500年(明応9年)、胴は江戸時代後期の寛政年間(1789年~1800年)頃に町内に住んでいた彫刻師・勇祐が作りました。
  • 前懸の緋羅紗地(ひらしゃじ)に蘇武牧羊図(そぶぼくようず)と胴懸の張騫巨霊人(ちょうけんきょれいじん)に鳳凰(ほうおう)虎を配した刺繍(ししゅう)は円山応挙(まるやまおうきょ)の下絵だったが、近年レプリカに代えられ、下絵は屏風に仕立て直されました。見送は江戸時代後期の1798年(寛政10年)に作られた福禄寿(ふくろくじゅ)・弁財天(べんざいてん)に唐子(からこ)を配した綴錦(つづれにしき)、水引は雲龍波濤文様(うんりゅうはとうもんよう)に鳳凰鶴虎を配し、孔雀の羽根を縫込んだ刺繍です。なお御神体引敷は2011年(平成23年)に新調されました。

【行事・イベント(要確認)】

【祇園祭 歴史・簡単概要】

祇園祭は平安時代前期の869年(貞観11年)に全国に疫病が流行し、牛頭天王の祟りであるとし、卜部日良麿が神泉苑に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来の化身とされる牛頭天王を祀り、更に牛頭天王を主祭神とする八坂神社から3基の神輿を送り、病魔退散を祈願した祇園御霊会が起源と言われています。その後平安時代中期の970年(天禄元年)から毎年に行われるようになりました。
祇園祭歴史年表・由来(869年~)

【保昌山 備考(要確認)】
●ちまき販売などの日程時間は必ず確認して下さい。
祇園祭2024日程(ちまき販売・宵山屋台・・・)
●祇園祭山鉾の名称・読み方・由緒・ちまき(粽)などの情報を確認できます。
祇園祭山鉾一覧

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場(Nishiki Market)
  2. 竹林の道(Bamboo Forest Path)
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る