苔寺観光地図

苔寺

京都観光・旅行では世界遺産である苔寺(西芳寺)を訪ねる方が多いと思うが、苔寺周辺には苔寺以外の魅力的な寺社がたくさんあります。時間のある方は苔寺観光マップを見ながらのんびり散策するのもいいかもしれません。なお京都観光・旅行でおすすめする寺社は下記の通りです。

【苔寺観光マップ・周辺地図】

【苔寺 歴史・簡単概要】(拝観には事前申込が必要)
苔寺・西芳寺は聖徳太子の別荘に太子作の阿弥陀如来像を安置したのが起源とも、僧・行基が聖武天皇の勅願より、別荘を寺院に改めて弥陀三尊を安置したのが起源とも言われています。なお境内は約120種の苔が覆い、緑の絨毯を敷きつめたように見える為、苔寺と言われるようになりました。
苔寺(アクセス・見どころ・・・)
苔寺見どころ

スポンサーリンク


【鈴虫寺 歴史・簡単概要】
鈴虫寺は平安時代末期に建立された最福寺があった場所で、1723年(享保8年)鳳潭上人(ほうたんしょうにん)が華厳宗を再興する為に創建しました。なお鈴虫寺は正式名称を「華厳寺」と言いますが、鈴虫を四季を通して飼育している為、「鈴虫寺」と言われるようになりました。
鈴虫寺(アクセス・見どころ・・・)

【松尾大社 歴史・簡単概要】
松尾大社は太古の昔、松尾山の山霊を頂上に近い大杉谷の磐座(いわくら)に祀ったのが起源と言われています。平安京遷都後は上賀茂神社・下鴨神社とともに「東の厳神・西の猛霊」と称されました。なお「亀の井」は酒に混ぜると腐敗しないと言われ、「酒の神」として信仰されています。
松尾大社(アクセス・見どころ・・・)

【月読神社 歴史・簡単概要】
月読神社は日本書紀によると487年(顕宗天皇3年)阿閉巨事代(あべのおみことしろ)への月神の神託を受け、顕宗天皇の勅命により、天月神命(あめのつきのかみ)を祀ったのが起源と言われています。なお「月延石(つきのべのいし)」でお腹を撫でると安産になると言われています。
月読神社(アクセス・見どころ・・・)

【地蔵院 歴史・簡単概要】
地蔵院・竹の寺は1368年(正平23年)室町幕府管領・細川頼之が碧潭周皎(へきたんしゅうこう)を開山、宗鏡禅師の法兄である夢窓疎石(むそうそせき)を勧請開山として、創建しました。なお境内は苔に覆われているが、周囲を竹林に囲まれていることから竹の寺と言われています。
地蔵院(アクセス・見どころ・・・)

【浄住寺 歴史・簡単概要】
浄住寺は寺伝によると810年(大同5年)慈覚大師(じかくだいし)・円仁(えんにん)が嵯峨天皇の勅願寺として創建し、常住寺と称したのが起源と言われています。その後荒廃し、葉室(はむろ)氏が再興しました。なお楓植えられ、紅葉の名所として、紅葉の寺とも言われています。
浄住寺(アクセス・見どころ・・・)

【葉室御霊神社 歴史・簡単概要】
葉室御霊神社は平安時代に葉室氏の荘園の鎮守の神として、葉室氏の霊を祀ったのが起源と言われています。なお御霊神社は天災や疫病などの悪疫を怨みを持って死んだり、非業の死を遂げたりした貴人の怨霊の仕業と考え、怨霊を鎮めて御霊にすることにより、祟りを免れようとするものです。
葉室御霊神社(アクセス・見どころ・・・)

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 下鴨神社流しびな

    2019年3月のイベント

    京都市内などで2019年3月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 仁和寺御室桜

    京都桜見ごろ2019

    京都桜見ごろ2019(桜時期2019)情報を紹介しています。桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃に…
  3. 城南宮枝垂梅

    京都梅見ごろ2019

    京都梅見ごろ2019(梅見頃時期)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までになりま…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 北野天満宮梅苑
    北野天満宮梅苑公開は京都の初春の風物詩です。梅苑公開は毎年梅が見ごろを迎える2月上旬頃から3月下旬頃…
  2. 城南宮枝垂梅
    城南宮枝垂梅と椿まつりは京都の春の風物詩です。枝垂梅と椿まつりは毎年2月・3月に行われています。枝垂…
  3. 東山花灯路
    東山花灯路2019は京都の春の風物詩です。東山花灯路は毎年3月に行われています。東山花灯路では北側の…
  4. 青龍会
    清水寺青龍会は京都の春の風物詩です。青龍会は毎年3月14日・3月15日に行われています。青龍会では転…
  5. 東寺夜桜ライトアップ
    東寺ライトアップ2019(桜・春)は京都の春の風物詩です。東寺ライトアップは毎年桜が見ごろを迎える時…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る