退蔵院

退蔵院

退蔵院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)退蔵院の瓢鮎図(国宝)は室町幕府4代将軍・足利義持の命により、水墨画の祖と言われる相国寺僧・如拙(じょせつ)が描いたと確証がある数少ない作品のひとつです。なお宮本武蔵は退蔵院と縁があり、刀剣の鍔には瓢箪と鯰がデザインされています。

【退蔵院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市右京区花園妙心寺町35
最寄り駅・バス停・・・妙心寺前(徒歩約5分)、妙心寺北門前(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から退蔵院は26系統(D3乗り場)北
*四条烏丸からは26系統北、91系統前
*四条河原町からは10系統北
*河原町丸太町からは10系統北、93系統前
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JR嵯峨野線の場合、最寄り駅は花園駅(徒歩約5分)
*嵐電(京福電鉄)北野線の場合、最寄り駅は妙心寺駅(徒歩約3分)

【退蔵院 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~17:00
年中無休

【退蔵院 拝観料金・料金(要確認)】
個人
大人・大学生・高校生500円、中学生・小人300円

団体(30名以上)
大人・大学生・高校生450円、中学生・小人270円

スポンサーリンク


【退蔵院 歴史・簡単概要】
退蔵院(たいぞういん)は1404年(応永11年)に越前の豪族・波多野出雲守重通(はたのいずものかみしげみち)が妙心寺第3世・無因宗因(むいんそういん)を開山として千本通松原に創建したのが起源です。その後妙心寺4世・日峰宗舜(にっぽうそうしゅん)が妙心寺内の霊雲院の東に移しましたと言われているが、応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって妙心寺とともに焼失しました。1597年(慶長2年)に妙心寺34世で、中興の祖・亀年禅愉(きねんぜんゆ)が現在の場所に再建し、1602年(慶長7年)に現在の方丈が建立されと言われています。1966年(昭和41年)に庭園・余香苑(よこうえん)が作庭されました。なお退蔵には「価値あるものをしまっておく」という意味があり、陰徳を積み重ね、内に秘めながら布教することを示しているそうです。
退蔵院は臨済宗妙心寺派大本山・妙心寺の塔頭です。
*参考・・・退蔵院(アクセス・歴史・・・)ホームページ退蔵院(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【退蔵院 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
退蔵院の見どころは国宝である紙本墨画淡彩瓢鮎図です。ただ紙本墨画淡彩瓢鮎図は京都国立博物館に寄託され、寺で見られるのは模写です。また狩野元信作庭と言われる枯山水の庭園も見どころです。なお退蔵院は桜や紅葉の名所の為、春や秋に訪れてもいいかもしれません。
退蔵院桜見ごろ
京都桜見ごろ2020京都つつじ見ごろ・さつき見ごろ
京都紅葉名所・見ごろ2019

国宝・・・紙本墨画淡彩瓢鮎図
重要文化財・・・本堂、花園天皇宸翰消息、後奈良天皇宸翰徽号勅書、後奈良天皇宸翰消息

【退蔵院 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-463-2855

【退蔵院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
*京都バスの場合、三条京阪からは61系統、62系統、63系統、65系統、最寄りのバス停は妙心寺前(徒歩約3分)
京都バス・アクセスダイヤ
妙心寺(アクセス・見どころ・・・)情報
妙心寺見どころ

【退蔵院 おすすめ散策ルート】
退蔵院からのおすすめ散策ルートは「きぬかけの道」沿いにあり、いすれも世界遺産である仁和寺・龍安寺・金閣寺(鹿苑寺)を散策するルートです。1時間半ほど散策すれば、3か所の世界遺産を回ることができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお退蔵院周辺には妙心寺だけでなく、養源院・玉鳳院・大心院・大雄院などもあり、それらを散策するのもいいかもしれない。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 青葉まつり

    2019年6月のイベント

  2. 祇園祭

    祇園祭2019日程

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 貴船祭
  2. 信長忌
  3. 祇園放生会
  4. 蛍火の茶会
  5. 田植祭
  6. 青葉まつり
  7. 竹伐り会式

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る