京の七夕2019/8/1~18(日程・時間・・・)

京の七夕

京の七夕/h2>
京の七夕2018(日程・時間・・・)を紹介しています。京の七夕は毎年8月に行われています。京の七夕は堀川エリア(二条城・堀川かがり火のみち)・鴨川エリア(鴨川河川敷・鴨川納涼)・梅小路エリア(梅小路公園)・北野紙屋川エリア(北野天満宮と周辺)・宮津市エリアで行われます。ただ日程・イベントは異なります。(詳細下記参照)

【京の七夕2019 日程時間(要確認)】
京の七夕2019は下記の日程で行われます。イベント内容は現在確認中です。
●二条城・・・2019年8月1日~15日19:00~21:30(受付21:00終了)
●梅小路公園・・・2019年8月2日~12日19:00~22:00
●鴨川河川敷・・・2019年8月3日・4日19:00~21:30(4日19:00~21:00)
●堀川遊歩道・・・2019年8月10日~12日18:00~21:00
●北野天満宮・・・2019年10日~12日・16日~18日日没~21:00

【京の七夕2019 エリア・場所】

堀川エリア(堀川遊歩道(御池通~一条戻橋付近)・二条城)・鴨川エリア(鴨川河川敷(仏光寺通~御池通))・梅小路エリア(梅小路公園)・北野紙屋川エリア(北野天満宮と周辺)・岡崎エリア(岡崎公園と周辺)

スポンサーリンク


【京の七夕 二条城】
二条城では二之丸庭園(特別名勝)がライトアップされたり、二の丸御殿(国宝)で「百鬼夜行」をテーマにプロジェクションマッピングが行われたりします。また清流園の並木道で天の川をイメージしたライトアップが行われたり、香雲亭で筝の生演奏が行われたりします。
二条城・京の七夕

【京の七夕 梅小路公園】
梅小路公園ではイルミネーションや行灯で夜の公園を美しくライトアップされます。土曜日・日曜日などにはキッチンカーによるグルメエリアが設置されたり、ミニ縁日・短冊に願い事を書く七夕飾りなどが行われたりします。
梅小路公園・京の七夕

【京の七夕 鴨川河川敷】
鴨川河川敷では竹かごに京焼・清水焼などの伝統技術を使った風鈴を入れてLEDで灯りを灯す風鈴灯・願い事を書いた短冊が吊るされた七夕笹飾りが飾られます。また鴨川エリアでは鴨川納涼も行われます。なお舞妓茶屋などの関連事業も行われます。
鴨川河川敷・京の七夕

【京の七夕 堀川かがり火のみち】
堀川かがり火のみちではかがり火が焚かれ、かがり火ライブ・かがり火屋台村・堀川七夕ステージ・わくわく花火スクール in 堀川(出水~下長者)など様々なイベントが行われます。堀川七夕ステージでは上七軒の舞妓さんが舞を披露し、その後舞妓さんとのツーショット撮影会が行われます。
堀川遊歩道・京の七夕

【京の七夕 北野天満宮】
北野天満宮では境内夜間拝観と史跡御土居のライトアップ・御手洗川足つけ燈明神事などが行われます。また様々なイベントも行われます。なお上七軒界隈では上七軒七夕盆踊りが行われます。
北野天満宮・京の七夕北野天満宮七夕祭・京の七夕上七軒盆踊り・京の七夕

【京の七夕 歴史・簡単概要】
京の七夕(きょうのたなばた)は2010年(平成22年)から行われています。京の七夕は「一年に一度、願いごとをする」という古来からの七夕の節句の伝統を継承し、伝統産業や和装の振興などを目的に京都での現代版・七夕まつりとして開催されています。なお京の七夕は京の七夕実行委員会は主催し、JR西日本・JR東海の特別協力、近畿日本鉄道・京阪電気鉄道・阪急電鉄・京福電気鉄道・京都市交通局などの協力、京阪電気鉄道・公益社の特別協賛などで行われているそうです。
*参考・・・京の七夕

【京の七夕2019 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
*願い事を書いた短冊は五山の送り火(大文字・妙法・船形・左大文字・鳥居形)と清水寺で焚き上げられます。
五山送り火2020(スポット・穴場・日程・・・)

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 了徳寺大根焚・報恩講

    2019年12月のイベント(大根焚き・除夜の鐘・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 千本釈迦堂大根焚き・成道会法要
  2. 法輪寺針供養
  3. 嵐山花灯路
  4. 了徳寺大根焚・報恩講
  5. 了徳寺大根焚・報恩講

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る