山伏山(ちまき販売・ご利益・マップ)祇園祭山鉾

山伏山

山伏山

山伏山(概要・マップ・ちまき販売・・・)を紹介しています。山伏山ちまき販売は例年7月13日から16日です。(要確認)13~16日(9:00~22:00)ただ売り切れることもあります。なお山伏山ちまきのご利益は火除け・雷除けです。

【祇園祭ちまき販売(前祭) 販売日・時間(要確認)】
祇園祭ちまき販売(前祭)は例年7月14日~16日です。一部の山鉾町では7月13日から始まります。●ちまきの飾り方は疫病神が進入してくる玄関の軒下などに吊るします。ちまきの処分は山鉾町や八坂神社に納めます。
祇園祭ちまき販売(前祭)2022

【山伏山 マップ・アクセス】
場所・・・京都府京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山
最寄り駅・バス停・・・四条駅(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
祇園祭山鉾マップ(前祭)

【山伏山 ちまきなどの授与品】
ちまき(粽)・手拭・茅の輪のお守りなど

【山伏山 搭乗】

【山伏山 ご利益】
火除け・雷除け

スポンサーリンク

【山伏山 歴史・簡単概要】
山伏山(読み方:やまぶしやま)はかつて法観寺(ほうかんじ)の五重塔(八坂の塔)が傾いた際に法力(ほうりき)によって直した山伏・浄蔵貴所(じょうぞうきしょ)に由来しています。浄蔵貴所は平安時代の僧で、比叡山の呪術憎とも言われ、八坂の塔が西に傾いた際に加持・祈祷を行うと子の刻(午前零時)に乾(北西)の方角から微風が吹き、大地が揺らいで元に戻ったとも言われたいます。また浄蔵貴所が熊野で修行していた際、父が危篤という知らせを受けて京に戻ったが、死に目には間に合いませんでした。しかし土御門橋(つちみかどばし)で父の葬列と出会って、「父の魂を戻して欲しい」と読経したところ父は一時的に息を吹き返して、最後の対面をすることができました。その後土御門橋は一条戻橋(いちじょうもどりばし)と言われるようになったとも言われています。
山伏山では7月15日に聖護院門跡の山伏が参詣します。また八坂神社の神職による清祓い(きよはらい)と六角堂(頂法寺・ちょうほうじ)の僧侶による法印(ほういん)も行われ、明治維新による神仏分離以前の姿を感じることができます。なお神供を供える三宝(さんぽう・さんぼう)も仏式の黒塗の三宝が使われているそうです。
*参考・・・山伏山(祇園祭山鉾前祭)

【山伏山 特徴・懸装品】
●御神体は浄蔵貴所の大峯入り(奈良大峰山・おおみねさん)の姿を表していると言われています。御神体は山伏の姿をし、左手に刺高数珠(いちたかじゅず)、右手には斧を持ち、腰には法螺貝(ほうらがい)を付け、笈(おい)を背負っています。なお髪の毛には人毛が使われているそうです。
●欄縁(らんぶち)の金具は飛鶴です。
●水引は機織図(きしょくず)を描く綴錦(つづれにしき)、前懸は雲龍文様の刺繍、胴懸は花卉胡蝶文様(かきこちょうもん)の綴錦です。見送の龍波濤文様(りゅうはとうもん)の綴錦は中国の明時代に作られ、日本で部分的に修整・加筆されたものだったが、1999年(平成11年)にレプリカに代わりました。

【山伏山 行事(要確認)】
●山伏山茅の輪くぐりでは山伏山町会所の蔵前に設置された直径約2.5メートルの茅の輪をくぐり、厄除け・無病息災を祈願します。
祇園祭山伏山茅の輪くぐり
●山伏山護摩焚きでは聖護院の山伏が護摩木を焚き上げ、祈願成就と山鉾巡行(祇園祭)の安全を祈願します。
祇園祭山伏山護摩焚き
●山伏山くまモン登場では熊本県PRキャラクター・くまモンが熊本県のよかとこ、うまかもんのPRを行います。
祇園祭山伏山くまモン登場

【山伏山 備考(要確認)】
山伏山の山建て・・・7/12 9:00~
日程・時間は変更になっている場合があります。必ず確認して下さい。
祇園祭2022日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)
●祇園祭の山鉾(前祭23基・後祭11基・休山1基)の名称・読み方・由緒・ちまき(粽)などの情報を確認できます。
祇園祭山鉾一覧

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る