祇園祭稚児餅

稚児餅は長刀鉾稚児社参・久世駒形稚児社参が行われる7月13日に心身を清める潔斎をした中村楼当主が調製し、朱塗の神膳に竹皮で包んで笹の葉を添えた稚児餅を盛り、八坂神社に奉納されます。社参が終了すると長刀鉾稚児・久世駒形稚児は中村楼当主が点てたお茶とともに稚児餅や亀屋伊織の干菓子でもてなされます。

【祇園祭 日程】
祇園祭は7月1日の吉符入(きっぷいり) から7月31日の疫神社(えきじんじゃ)の夏越祭(なごしさい)までの7月1ヶ月に渡って行われます。
祇園祭2020日程(山鉾巡行・宵山・・・)祇園祭2020日程一覧(山鉾巡行・宵山・・・)祇園祭2020(山鉾巡行・宵山・・・)

【祇園祭 歴史・簡単概要】
祇園祭(ぎおんまつり)は平安時代前期の869年(貞観11年)に京都をはじめ全国に疫病が流行し、牛頭天王(ごずてんのう)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が禁苑(宮中の庭)である神泉苑に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来の化身とされる牛頭天王(素戔嗚尊)を祀り、更に牛頭天王(素戔嗚尊)を主祭神とする八坂神社(祇園社)から3基の神輿を送り、病魔退散を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。その後970年(天禄元年)から毎年旧暦6月14日に行われるようになりました。
祇園祭歴史

スポンサーリンク


【祇園祭 稚児餅】
稚児餅(ちごもち)は長刀鉾稚児社参(なぎなたほこしゃさん)・久世駒形稚児社参(くぜこまがたちごしゃさん)が行われる7月13日に心身を清める潔斎(けっさい)をした中村楼当主が調製し、朱塗の神膳に竹皮で包んで笹の葉を添えた稚児餅を盛り、八坂神社に奉納されます。ただ稚児餅をいつから八坂神社に奉納するようになったかは明確ではなく、古くから行われているとも言われています。ちなみに稚児餅は江戸時代中期の1787年(天明7年)刊行の「拾遺都名所図会(しゅういみやこめいしょずえ)」には「毎年6月朔日には炙餅(あぶりもち)を串にさして 豆腐に合わせ 味噌引きとし これを合餅(あわせもち)という氷餅(こおりもち)に准へしもの」と記されているそうです。長刀鉾稚児社参・久世駒形稚児社参が終了すると神のお使いとされる長刀鉾稚児・神の化身とされる久世駒形稚児は中村楼に立ち寄って休息し、中村楼当主が自らがお茶を点てて、稚児餅や亀屋伊織(かめやいおり)の干菓子(ひがし)とともにもてなします。なお稚児餅は細長い米の餅に先端を2本に割った竹串に刺し、表面に荒味噌(白味噌)を塗って両面を香ばしく焼かれています。稚児餅は食べると夏やせしなくなったり、疫病を除けられたりするとも言われています。稚児餅は長刀鉾稚児社参・久世駒形稚児社参後の7月14日から7月31日まで中村楼で抹茶とともに味わうことができたり、購入したりすることができます。持ち帰り用の稚児餅は5串を1束として竹皮で包んで笹の葉を添えられています。
●長刀鉾稚児は現在唯一の生稚児(いきちご)で、7月17日の山鉾巡行(前祭)の際に先頭を巡行する長刀鉾に搭乗して注連縄切りを行い、稚児舞(太平の舞)を舞います。
●久世駒形稚児は7月17日の神幸祭・7月24日の還幸祭の際に八坂神社の祭神・素戔嗚尊(牛頭天王)の神霊をのせた中御座神輿を馬に乗って先導します。
●亀屋伊織は1788年(天明8年)の天明の大火・1864年(元治元年)の禁門の変の兵火による鉄砲焼けなどで焼失し、正確な創業年は分からないが、約400年の歴史があるとも言われています。「伊織」の名称は江戸時代前期に江戸幕府第3代将軍・徳川家光に「木の葉」という菓子を献上した際に御所百官名のひとつを賜ったとも言われています。なお亀屋伊織は創業以来干菓子だけを製造しているそうです。
祇園祭長刀鉾稚児社参祇園祭久世駒形稚児社参

【中村楼 歴史・簡単概要】
中村楼(なかむらろう)は室町時代後期に創業し、480年の歴史があるとも言われています。また1550年(天文19年)頃に創業したとも言われています。八坂神社ではかつて南側に伸びる表参道に二軒の茶屋が向かい合ってあり、二軒茶屋とも言われていました。二軒茶屋は田楽豆腐が名物で、調理の様子は京の名物だったそうです。その二軒茶屋の内の柏屋の流れを受け継ぐのが中村楼です。中村楼は当初門前でお茶などを提供する水茶屋(みずちゃや)として営業が開始され、その後豆腐料理・菜飯・お酒などを提供するようになり、江戸時代末期(幕末)に京を代表する料理茶屋になりました。明治時代以降に宮家・財界人・外国の要人・芸術家・文人・墨客などが訪れるようになったそうです。
*参考・・・中村楼(アクセス・歴史・・・)ホームページ

【祇園祭 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭宵山2020祇園祭山鉾巡行2020

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る