橋弁慶山(ちまき販売・ご利益・マップ)牛若丸

橋弁慶山

橋弁慶山(読み方:はしべんけいやま)

橋弁慶山(ちまき販売・ご利益・マップ)を紹介しています。橋弁慶山ちまき販売は例年7月21日から23日です。(要確認)21日(13:00~23:00)・22~23日(9:00~23:00)ただ売り切れあり。なお橋弁慶山は山鉾巡行(後祭)で先頭を巡行します。

【祇園祭ちまき販売(後祭) 販売日・時間(要確認)】
祇園祭ちまき販売(後祭)は例年7月21日~23日です。一部の山鉾町では7月20日から始まります。
祇園祭ちまき販売(後祭)2023
●祇園祭の主要行事の日程を確認できます。(下記リンク参照)
祇園祭2023日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

【橋弁慶山 マップ・アクセス】
場所・・・京都府京都市中京区蛸薬師通烏丸西入橋弁慶町
最寄り駅・バス停・・・四条駅(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
祇園祭山鉾マップ(後祭)by グーグルマップ

【橋弁慶山 ちまきなどの授与品】
ちまき(粽)・手拭・扇子・Tシャツなど

【橋弁慶山 搭乗(要確認)】

【橋弁慶山 ご利益】

スポンサーリンク

【橋弁慶山 歴史・簡単概要】
橋弁慶山(読み方:はしべんけいやま)は起源が明確ではありません。橋弁慶山は室町時代中期の応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))前の山鉾と地名を記した「祗園社記(ぎおんしゃき)」第15(八坂神社記録)には「うし若辨慶山(四條坊門烏丸と室町間)」と記され、応仁の乱前には既に創建されていたと言われています。また橋弁慶山は室町時代の町人が祇園祭について話し合っている狂言・鬮罪人(くじざいにん)に鯉山(こいやま)とともに登場し、室町時代には既に創建されていたとも言われています。橋弁慶山は五条橋で弁慶と牛若丸(源義経)の出会った謡曲・橋弁慶に由来しています。弁慶は五条の天神に丑の刻詣を行っていたことから満願の夜も出掛けようとしました。しかし従者が昨夜五条橋で、少年が通行人を小太刀で斬り回り、その強さは化け物のようで、危ないからと止めたました。弁慶は一旦は躊躇したが、物笑いの種になると化け物退治に出掛けました。一方牛若丸は五条橋で腕だめしをしていたが、明日鞍馬に帰ることになっており、最後の夜に弁慶と出会いました。弁慶と牛若丸は斬り合いになったが、剛勇無双の弁慶も牛若丸には全く歯が立たず、弁慶は牛若丸に名を尋ねて降参し、主従の契りを結んだそうです。橋弁慶山は戦国時代(室町時代後期)の1500年(明応9年)に山鉾巡行の順番を決める際、理由は定かではないが、小型の山の中で唯一くじ(鬮)取らずで巡行の一番先頭を行く特権を確保していました。
*参考・・・橋弁慶山(祇園祭山鉾後祭)ホームページ
●祇園祭山鉾は平安時代中期の999年(長保元年)が起源とも言われています。
祇園祭山鉾とは疫神を鎮める依り代

【橋弁慶山 特徴・懸装品】
●御神体の弁慶と牛若丸には戦国時代(室町時代後期)の1563年(永禄6年)大仏師康運(こううん)の銘があります。また牛若丸の足の鉄串には戦国時代(室町時代後期)の1537年(天文6年)天文丁酉右近信国の銘もあります。弁慶と牛若丸の頭はヒノキで、牛若丸は高さ約1.2メートル、弁慶の太刀は長さ約1.8メートルです。なお弁慶は鎧姿に大長刀を斜めに構え、牛若丸は橋の擬宝珠(ぎぼし)の上に左足の足駄(げた)の前歯で立ち、右足を後に跳ね上げ、右手に太刀を持っています。牛若丸は足駄金具一本で、黒漆塗りの橋に支えられています。
●牛若丸の旧太刀は刀長が74.8センチで、盛光(もりみつ)・伊賀守金道(いがのかみきんみち)、または近江守久道(おうみのかみひさみち)が作ったとも言われています。現在太刀は京都国立博物館に収蔵されています。
●弁慶の両手足には縄が巻き付けられ、力縄(ちからなわ)と言われています。力縄には弁慶のように心身が強健でありますようにという願いが込められているそうです。
●前懸は中国・清時代頃の雲龍波濤文様(うんりゅうはとうもんよう)の綴錦(つづれにしき)だったが、1983年(昭和58年)に富岡鉄斎(とみおかてっさい)の原画による椿石図(つばきいしず)の綴錦に代えられました。胴懸の賀茂祭礼図の綴錦は円山応挙(まるやまおうきょ)の下絵と言われていたが、近年レプリカに代えられました。水引は唐子嬉遊図(からこきゆうず)の綴錦、後懸は雲龍文様の刺繍(ししゅう)です。
●橋弁慶山が所有する鎧・黒韋威肩白胴丸大袖付(くろかわおどしかたじろどうまるおおそでつき)は重要文化財に指定されています。

【橋弁慶山 行事(要確認)】
●橋弁慶山曳き初めでは7月24日の山鉾巡行(後祭)に先立って、組み立てられたばかりの橋弁慶山を本番さながらに動かします。
祇園祭橋弁慶山曳き初め
●宵山(7月21日~7月23日)では夕方から駒形提灯を灯します。
祇園祭宵山(後祭)
●山鉾巡行(7月24日)では烏丸御池から御池通・河原町通・四条通の順に巡行します。
祇園祭山鉾巡行(後祭)

【橋弁慶山 備考(要確認)】
●日程・時間は変更になっている場合があります。必ず確認して下さい。
祇園祭2023日程(ちまき販売・宵山屋台・・・)
●祇園祭の山鉾(前祭23基・後祭11基・休山1基)の名称・読み方・由緒・ちまき(粽)などの情報を確認できます。
祇園祭山鉾一覧

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る