カテゴリー:その他

  • 向日神社節分祭2021/2/(日程・・・)

    向日神社節分祭(日程・時間・・・)を紹介しています。節分祭は毎年節分(立春の前日)に行われています。節分祭では普段閉じられている三間社流造(さんげんしゃながれづくり)の本殿(重要文化財)の扉が開けられて神事が行われ、1年の幸福を祈り、災いを除きます。なお節分祭では福豆が授与されます。(要確認)
  • 霊山観音

    霊山観音節分会2021/2/(日程・・・)

    霊山観音節分会(日程・時間・・・)を紹介しています。節分会は毎年節分(立春の前日)に行われています。節分会・十二支まつりでは十二支の守り本尊に招福除災(しょうふくじょさい)を祈願します。年回りの悪い方は災厄を免れるように祈願し、良い年回りの方は一層良くなるように祈願します。甘酒や福豆が授与されます。(要確認)
  • 宝蔵寺

    宝蔵寺寺宝展・若冲生誕会2020/2/7~11(日程・・・)

    宝蔵寺寺宝展・若冲生誕会(日程・時間等)を紹介。寺宝展・若冲生誕会は毎年2月に行われています。寺宝展では伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)が描いた「竹に雄鶏図(たけにゆうけいず)」・「髑髏図(どくろず・しゃれこうべず)」、若冲の弟・白歳(伊藤宗厳)が描いた「南瓜雄鶏図」・「羅漢図」などが公開されます。(要確認)
  • 大原神社鎮火祭・節分祭2021/2/(日程・・・)

    大原神社鎮火祭・節分祭(日程・時間・・・)を紹介。鎮火祭・節分祭は毎年節分(立春の前日)に行われています。節分祭では四方に桃の矢を放って厄払いし、参拝者がよい年を過ごせるように祈願します。追儺式では「鬼は内、福は外」と掛け声とともに豆を撒き、改心した鬼が福の神となって景品付きの福豆を参拝者に撒きます。
  • 龍神総宮社節分祭2020/2/2(日程・・・)

    龍神総宮社節分祭(日程・時間等)を紹介。節分祭は毎年2月に行われています。節分祭は大きな福徳授かる「龍神さん」の福豆まきとして、福豆をまいて邪気払い、開運招福を祈願します。節分祭では七宝九曜二十八宿の星座の神々に対し、運気の軌道修正を祈願した「星祭御守護符」も授与されます。(要確認)
  • 金閣寺不動堂・金閣寺見どころ

    金閣寺不動堂開扉法要2021/2/(日程・・・)

    金閣寺不動堂開扉法要(日程・時間等)を紹介。不動堂開扉法要は毎年節分(立春の前日)に行われています。不動堂開扉法要では不動堂に安置されている本尊・石不動明王(秘仏)が開扉され、本山・相国寺関係寺院の出仕による大般若経(だいはんにゃきょう)の祈祷が行われます。なお法要の前後の時間に不動堂内を拝観することができます。
  • 平岡八幡宮節分祭2021/2/(日程・・・)

    平岡八幡宮節分祭(日程・時間等)を紹介。節分祭は毎年節分(立春の前日)に行われています。節分祭では厄除け・招福を祈願します。節分祭では名前・年齢などを書いた人形(ひとがた)・古神札などを焚き上げ、厄除けと招福を祈願する星祭(ほしまつり)が行われます。なお節分祭では厄除けお札・福豆・長寿飴が授与(有料)されます。(要確認)
  • 節分祭・会

    節分祭・節分会(日程・時間・・・)

    京都観光・旅行では寺社などを訪れることが多いと思うが、節分(節分祭・節分会)に訪れれば、いつもよりも感動が大きいかもしれません。節分会・節分祭は2月3日を中心に次の通り行われています。なお今年の節分祭・節分会に参加するなら豆まきの時間などは事前にネットなどでチェックした方がいいかもしれません。
  • 八坂神社節分祭

    舞妓さんの豆まき(2月2日・3日)

    舞妓さんの豆まきは京都の風物詩です。京都には五つの花街(祇園甲部・祇園東・宮川町・先斗町・上七軒)があり、祇園甲部・祇園東・宮川町・先斗町は八坂神社、上七軒は北野天満宮と縁が深く、節分などのイベントでは舞妓さんなどが奉仕することがあります。八坂神社・北野天満宮で舞踊を奉納したり、豆まきを行ったりします。
  • 石清水八幡宮

    石清水八幡宮湯立神事2020/2/1・3(日程・・・)

    石清水八幡宮湯立神事(日程・時間等)を紹介。湯立神事は毎年2月1日・3日に行われています。湯立神事では男山中腹に涌き出る霊泉・石清水を汲み上げ、大釜で沸かして神前に供えます。また神楽女が大釜で沸かした湯に笹の葉を入れて激しく振り撒き、厄除・無病息災・五穀豊穣を祈願します。笹の葉は自宅に持ち帰れると幸運に恵まれるとも言われています。
  • 相楽神社餅花2020/2/1(日程・・・)

    相楽神社餅花(日程・時間・・・)を紹介しています。餅花は毎年2月1日に行われています。餅花では竹串に白い餅と紅白の紙をたくさん差し、花に見立て奉納し、豊作を祈願します。餅花では祝詞奏上などの神事が行われ、4人の宮守衆の鉦・太鼓・鼓に合わせ、巫女が神楽を奉納します。なお餅花終了後、餅を食べて無病息災を祈願します。
  • 狸谷山不動院

    狸谷山不動院初不動2021/1/28(日程・・・)

    狸谷山不動院初不動(日程・時間等)を紹介。初不動は毎年1月28日に行われています。初不動では一山の山伏(修験者(しゅげんじゃ))の出仕しによる大護摩供養により、一切の悪魔・災いを祓う力を持つとされる不動明王に厄難除けなどを祈願します。なお初不動では笹酒を青竹の筒入れて護摩の火で温めたものが接待されます。
ページ上部へ戻る