カテゴリー:その他

  • 愛宕念仏寺

    愛宕念仏寺息災護摩供(日程・時間・・・)

    愛宕念仏寺息災護摩供(日程・時間等)を紹介。息災護摩供は毎年1月24日に行われています。息災護摩供では信者などの願いが込められた護摩木を焚き上げ、息災を願います。なお息災護摩供では火之要慎と奉修十六羅漢大神通力供除災如意吉祥祈攸のお札が授与されます。(要確認)
  • 西光寺・光明寺念仏行脚(日程・時間・・・)

    西光寺・光明寺念仏行脚(日程・時間等)を紹介。念仏行脚は毎年1月24日に行われています。念仏行脚では嘉禄の法難に因んで行われる行事です。念仏行脚では墨染めの衣と灰色の袈裟で過した法然上人に倣い、黒衣の僧侶が西光寺から光明寺までの約15キロを歩き、法然上人の教えを守り続けてきた先人の艱難辛苦を心に刻みます。
  • 辰巳大明神

    辰巳大明神寒供養祭(日程・時間・・・)

    辰巳大明神寒供養祭(日程・時間・・・)を紹介しています。寒供養祭は毎年1月21日に行われています。寒供養祭では二十四節気のひとつで、1年の内で寒さが最も厳しくなると言われている大寒(だいかん)の時期に信者の無病息災・繁栄などを祈願します。
  • 養源院

    養源院大般若経会(日程・時間・・・)

    養源院大般若経会(日程・時間等)を紹介。大般若経会は毎年1月・5月・9月の21日に行われています。大般若経会では家運隆盛・商売繁盛などを祈願します。なお大般若経会では関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)が伏見城で信仰していた大聖歓喜天(お聖天さん)の前で大般若経600巻が転読されます。
  • 城南宮

    城南宮湯立神楽2021/1/20(日程・・・)

    城南宮湯立神楽(日程・時間等)を紹介。湯立神楽は毎年1月20日に行われています。湯立神楽では「文政六年癸未(1823年)」の銘がある大釜に湯を沸かし、清めの塩・酒などを入れ、御幣を持って舞い、最後に釜の中に入れた笹を勢いよく振って湯を飛ばします。なお飛ばされた湯を浴びると無病息災などのご利益があると言われています。
  • 城南宮

    城南宮湯立神楽(日程・時間・・・)

    城南宮湯立神楽2016(日程・時間等)を紹介。湯立神楽は毎年1月20日に行われています。湯立神楽では大釜に湯を沸かし、清めの塩・酒などを入れ、釜の中に入れた笹を勢いよく振って湯を飛ばします。その飛ばされた湯を浴びると無病息災などのご利益があると言われています。
  • 高山寺石水院・高山寺見どころ

    高山寺明恵上人命日忌法要2017/1/19(日程・・・)

    高山寺明恵上人命日忌法要(日程・時間・・・)を紹介しています。明恵上人命日忌法要は毎年1月19日に行われています。明恵上人命日忌法要では先ず開山堂で法要が行われ、その後開山堂の上にある墓所でも法要が行われます。恵上人命日忌法要では参拝者も焼香することができます。
  • 高山寺石水院・高山寺見どころ

    高山寺明恵上人命日忌法要(日程・時間・・・)

    明恵上人命日忌法要2016(日程・時間等)を紹介。明恵上人命日忌法要は毎年1月19日に行われます。明恵上人命日忌法要では先ず開山堂で法要が行われ、その後開山堂の上にある墓所でも法要が行われます。恵上人命日忌法要では参拝者も焼香することができます。
  • 石清水八幡宮青山祭2020/1/18(日程・・・)

    石清水八幡宮青山祭(日程・時間・・・)を紹介しています。青山祭は毎年1月18日に行われています。青山祭では標高約123メートル男山(おとこやま)山麓の頓宮殿(とんぐうでん)前庭に青柴垣で囲いをつくって祭場を設け、日没とともに道を司る神々を迎え、かがり火の灯りがゆらめく中、国家安泰・厄除開運の祈願祭を行います。
  • 藤森神社御木始・御弓始

    藤森神社御木始・御弓始(日程・時間・・・)

    藤森神社御木始・御弓始2016(日程・時間等)を紹介。御木始・御弓始は毎年1月16日に行われます。御木始では本殿前で氏子の大工が神事を行い、一年の工事の安全を祈願します。御弓始では鬼という字が3つ書かれた的に神職などが矢を放って悪鬼を祓い、一年間の平穏を祈願します。
  • 離宮八幡宮どんど祭2019/1/(日程・時間・・・)

    離宮八幡宮どんど祭(日程・時間・・・)を紹介しています。どんど祭は毎年1月上旬頃に行わています。どんど祭ではしめ縄などの正月飾りや前年一年間お世話になった古いお守り・お札(御神札)・神矢などを焚き上げます。ちなみにどんど祭の火で書き初めを天へ焼き上げ、天高く舞い上がると書が上達するとも言われています。
  • 相楽神社御田2020/1/15(日程・・・)

    相楽神社御田(日程・時間・・・)を紹介しています。御田は毎年1月15日の昼に行われています。御田では古風な田植歌に合わせ、鍬初め・鋤初め・肥打ち・苗代しめ・種まき・春田打ち・田植えなどの稲作の過程を神前で模し、豊作を祈願します。御田では途中で軽口や掛け声が入り、ユーモラスに演じられます。
ページ上部へ戻る