長刀鉾

長刀鉾

長刀鉾(祇園祭山鉾前祭)情報を紹介しています。長刀鉾はくじ取らずで、7月17日の祇園祭山鉾巡行(前祭)の先頭を巡行します。長刀鉾には現在唯一神の使いである生稚児(いきちご)が乗り、四条通麩屋町に建てられた斎竹(いみだけ)に張られた注連縄(しめなわ)を切り、神域との結界を開放します。

【山鉾巡行(前祭)日程時間(要確認)】
山鉾巡行(前祭)2019は2019年(令和元年)7月17日(水曜日)9:00に四条烏丸を出発します。
山鉾巡行(前祭)2019・祇園祭
祇園祭2019日程(山鉾巡行・宵山・・・)祇園祭2019日程一覧(山鉾巡行・宵山・・・)祇園祭2019(山鉾巡行・宵山・・・)

【長刀鉾 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町
最寄り駅・バス停・・・四条駅(徒歩約3分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ

【長刀鉾 ちまきなどの授与品】
ちまき(粽)・手拭・長刀(玩具)・竹絵・のれんなど
祇園祭ちまき販売(前祭)(日程・時間・・・)祇園祭ちまき販売(後祭)(日程・時間・・・)祇園祭ちまき

【長刀鉾 搭乗】
粽などの授与品を購入すると搭乗することができます。ただ女性は会所の2階までで、搭乗することはできません。
祇園祭山鉾見学・搭乗拝観(日程・時間・・・)

【長刀鉾 ご利益】
厄除け・疾病除け

スポンサーリンク


【長刀鉾 歴史・簡単概要】
長刀鉾(なぎなたほこ)は鉾頭に疫病邪悪(えきびょうじゃあく)を祓う大長刀(おおなぎなた)を付けていることに由来しています。鉾頭にはかつて三条小鍛冶宗近(さんじょうこかじむねちか)が造った長刀、1522年(大永2年)に三条長吉が造った長刀、1675(延宝3年)に和泉守来金道が造った長刀が使われていたが、現在は木に銀箔を張ったレプリカが使われています。なお長刀は刃先が御所・八坂神社には向かないように南向きに取り付けられています。
三条小鍛冶宗近が造った長刀は宗近が娘の病気平癒を祈願し、八坂神社(祇園社)に奉納しました。その後鎌倉時代には武士が愛用していたが、不思議な出来事が続いたことから返納されました。1522年(大永2年)神のお告げにより、長刀鉾町で飾ったところ流行していた疫病は治まったと言われています。
*参考・・・長刀鉾(祇園祭山鉾前祭)
祇園祭山鉾一覧

【長刀鉾 特徴・懸装品】
●真木の天王座には和泉小次郎親衡(いずみこじろうちかひら)の衣裳着の人形を祀っています。
●屋根裏は松村景文(まつむらけいぶん)作の金地著彩群鳥図(きんじちゃくさいぐんちょうず)です。破風蟇股(はふかるまた)の厭舞(えんぶ)や宗近が大長刀を造る木彫胡粉彩色彫刻(もくちょうこふんさいしきちょうこく)は片岡友輔(かたおかゆうほ)作です。
●前懸にはペルシャ花文様絨毯・ペルシャ絹絨毯(古)、胴懸には中国玉取獅子図絨毯・十華図絨毯・梅樹図絨毯・中東連花葉文様インド絨毯など16世紀から18世紀に作られた絨毯が使われていたが、現在はそれらのレプリカに代わりました。また見送には中国明時代の雲龍図綴錦(うんりゅうずつづれにしき)が使われていたが、2005年(平成17年)に作られたレプリカに代わりました。なお下水引は2008年(平成20年)に新調されました。

【長刀鉾 備考(要確認)】
祇園祭長刀鉾町お千度祇園祭長刀鉾稚児舞披露祇園祭長刀鉾稚児社参祇園祭山鉾曳き初め(前祭)(日程・時間・・・)祇園祭日和神楽(前祭)(日程・時間・・・)
長刀鉾の鉾建て・・・7/10 7:00~
長刀鉾の曳き初め・・・7/12 15:30~
長刀鉾の一般搭乗・拝観・・・7/13 9:00~
日程・時間は変更になっている場合があります。必ず確認して下さい。
祇園祭宵山2019祇園祭山鉾巡行2019

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る