カテゴリー:イベント

  • お砂踏み

    東寺お砂踏み(毎月21日)

    お砂踏み(日程・時間等)を紹介。お砂踏みは真言宗の宗祖である弘法大師・空海の縁日(命日)である毎月21日に行われています。お砂踏みは食堂(じきどう)の周囲に四国八十八カ所の本尊が描かれた掛軸を掛け、各札所のお砂を踏むことにより、実際にお遍路したのと同じご利益があると言われています。
  • 永福寺蛸薬師堂

    蛸薬師堂大根焚き2019/12/31(日程・・・)

    蛸薬師堂大根焚き(日程・時間等)を紹介。大根焚きは毎年12月31日に行われています。大根焚きは1年の無事に感謝し、新年の除災招福を願って行われます。なお大根焚きを食べると厄を除け・無病息災・身体安全のご利益があると言われているそうです。なお大根焚きは太平洋戦争中を除き、古くから行われています。
  • 知恩院試し撞き

    知恩院試し撞き2019/12/27(日程・・・)

    知恩院試し撞き(日程・時間等)を紹介。試し撞きは毎年12月下旬に行われています。試し撞きは大晦日の除夜の鐘の前に本番さながらに行われます。知恩院の大鐘(高さ約3.3メートル・口径約2.8メートル・重さ約70トン)は日本最大級の大きさと言われ、親綱1人・子綱16人の僧侶が撞く特殊な方法で撞かれます。
  • 小野篁忌

    千本ゑんま堂小野篁忌(日程・時間・・・)

    千本ゑんま堂小野篁忌2015(日程・時間等)を紹介。小野篁忌は毎年12月23日に行われます。小野篁忌では柴燈護摩供と餅つきが行われます。柴燈護摩供の残り火でもち米を蒸して餅つきを行います。なお小野篁などの小野氏の祭神は日本で初めて餅つきをした米餅搗大使主命(たがねつきおほおみのみこと)とも言われています。
  • かぼちゃ供養

    矢田寺かぼちゃ供養2020/12/23(日程・・・)

    矢田寺かぼちゃ供養(日程・時間等)を紹介。かぼちゃ供養は毎年12月23日に行われています。かぼちゃ供養では本堂前に置かれた大きなかぼちゃを撫でて、無病息災を祈願します。かぼちゃ供養では大釜で甘辛く煮たたかぼちゃが参拝者に振る舞われます。かぼちゃは冬至に食べると中風除けにご利益があるとも言われています。
  • 南瓜大師供養

    不思議不動院南瓜大師供養2019/12/22(日程・・・)

    不思議不動院南瓜大師供養(日程・時間等)を紹介。南瓜大師供養は毎年12月の冬至の日に行われています。南瓜大師供養では弘法大師像(かぼちゃ大師)を本堂に移し、信徒などの願いが込められた護摩木を焚き上げ、祈願成就を願います。なお南瓜大師供養では弘法大師像に3ヶ月供えて祈祷を施し、甘く煮た南瓜が振舞われます。
  • 鈴虫寺大根焚き

    鈴虫寺大根焚き2019/12/14・15(日程・・・)

    鈴虫寺大根焚き2019・納めの地蔵(日程・時間・・・)を紹介しています。大根焚きは毎年12月下旬頃に行われています。大根焚きは一年最後の幸福地蔵菩薩(地蔵菩薩)の縁日(納めの地蔵)に伴って行われます。なお幸福地蔵菩薩は日本で唯一わらじを履き、願い事を叶える為、祈願者の所まで出向いて行くと言われています。
  • 京都府立植物園クリスマスイルミネーション

    京都府立植物園イルミネーション(日程・時間・・・)

    京都府立植物園イルミネーション(日程・時間等)を紹介。イルミネーションは毎年12月中旬頃から25日まで行われています。イルミネーションでは正門から観覧温室・北山門・賀茂川門に掛けての樹木・花壇に約10万球のLEDが飾られ、北山の球根ガーデンには光のカーペットが登場します。観覧温室の夜間開室は1年に一度だけ行われます。
  • 四十七士記念義士祭

    本妙寺四十七士記念義士祭(日程・時間・・・)

    本妙寺四十七士記念義士祭(日程・時間・・・)を紹介しています。四十七士記念義士祭は毎年赤穂浪士が討ち入りした12月14日に行われます。義士祭では四十七士の像が安置されている義士堂(宝物館)で法要が行われるだけでなく、本堂では琵琶も奉納されます。また遺品なども公開されます。
  • 山科義士まつり

    山科義士まつり2020/12/14(日程・・・)

    山科義士まつり2020(日程・時間・・・)を紹介。山科義士まつりは毎年赤穂義士が討ち入りした12月14日に行われています。山科義士まつりは赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助が1701年(元禄14年)6月から江戸に向かった1702年(元禄15年)10月までの期間、山科に移り住んだ史実に因んで行われています。
  • 大福梅の授与

    北野天満宮大福梅の授与2020/12/13~(日程・・・)

    北野天満宮大福梅の授与(日程・時間等)を紹介。大福梅の授与は事始めの毎年12月13日から行われています。大福梅は元日の朝に祝膳の初茶として飲むと邪気を祓い、一年間の無病息災のご利益があるとも言われています。なお大福梅の授与は第62代・村上天皇が大福梅のお茶を飲むと病気が平癒したことに由来します。
  • 花街事始め

    花街事始め2020/12/13(日程・・・)

    花街事始め(日程・時間等)を紹介。花街事始めは毎年12月13日に行われています。事始めでは花街の舞妓・芸妓らが普段お世話になっている踊りの師匠やお茶屋などを訪ね、今年1年間のお礼と新年に向けた挨拶を行い、お正月の準備を始めます。挨拶の前に特にお世話になっているところには鏡餅を届けることもあるそうです。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る