カテゴリー:イベント行事

  • 花街お化け

    花街お化け(節分)

    花街お化けは京都の初春の風物詩です。花街お化けは毎年節分(立春の前日)(節分の日)に行われています。お化けでは舞妓・芸妓が普段の着物姿ではなく、男装などの趣向をこらした仮装を楽しみます。お客が仮装したり、厄年の者が仮装して厄祓いすることもあるそうです。なお八坂神社の節分祭で見ることができる場合もあります。
  • 吉田神社節分祭

    節分四方参り

    節分四方参りは京都の初春の風物詩です。節分四方参りは毎年立春の前日に行われます。四方参りは千年ほど前から節分に行われているとも言われる京都の風習です。四方参りでは北東の吉田神社・南西の壬生寺・北西の北野天満宮・南東の伏見稲荷大社(八坂神社)の4つの寺社をめぐり、邪気を祓い、福を招きます。
  • 藤森神社

    伏見五福めぐり1/1~15

    伏見五福めぐりは京都の新春の風物詩です。伏見五福めぐりは毎年1月1日から15日まで行われています。伏見五福めぐりは豊臣秀吉の城下町、また酒造の町として栄える伏見にある5つの寺社を初詣を兼ねて散策する「伏見ご利益巡り」です。伏見五福めぐりでは長建寺・藤森神社・大黒寺・乃木神社・御香宮神社をめぐります。
  • 恵美須神社

    都七福神めぐり1/1~31

    都七福神めぐりは京都の新春の風物詩です。都七福神めぐりは毎年1月1日から31日まで行われています。都七福神めぐりは古くから福をもたらすと言われている七福神をめぐり、七難即滅・七福即生を祈願します。なお都七福神めぐりでは恵美須神社・妙円寺(松ヶ崎大黒天)・東寺・六波羅蜜寺・赤山禅院・行願寺(革堂)・萬福寺をめぐります。
  • 粟田神社

    京都刀剣御朱印めぐり

    京都刀剣御朱印めぐりは京都の風物詩です。京都刀剣御朱印めぐりでは三日月宗近・一期一振ゆかりの粟田神社(あわたじんじゃ)、鶴丸国永ゆかりの藤森神社(ふじのもりじんじゃ)、宗三左文字・薬研藤四郎ゆかりの建勲神社(けんくんじんじゃ)、骨喰藤四郎ゆかりの豊国神社(とよくにじんじゃ)をめぐります。
  • 花街初寄り

    祇園甲部初寄り1/13

    花街初寄りは京都の冬の風物詩です。花街初寄りは毎年1月13日に行われています。花街初寄りでは花街・祇園甲部の舞妓さん・芸妓さん・仕込みさんなどが京舞井上流(きょうまいいのうえりゅう)の家元宅を訪れ、稽古始めの挨拶を行い、お雑煮・初舞いで新年を祝ったり、今年一年の技芸の精進を誓ったりします。
  • 始業式

    花街始業式1/7・9

    花街始業式は京都の冬の風物詩です。花街始業式は毎年1月7日に祇園甲部・祇園東・宮川町・先斗町、毎年1月9日に上七軒で行われています。なお始業式は祇園甲部が八坂女紅場学園(歌舞練場)、祇園東がお茶屋組合の2階、宮川町が東山女子学園、先斗町が鴨川学園、上七軒が上七軒歌舞練場で行われます。
  • がらくた市・手作り市

    東寺がらくた市・手作り市

    東寺がらくた市・手作り市は京都の風物詩です。がらくた市・手作り市は毎月第1日曜日に行われています。がらくた市・手作り市は毎月21日に東寺で行われている弘法市(こうぼういち)に比べると規模は小さいが、境内の南側・西側を中心に骨董品・手づくり品などを販売する約100店ほどが出店されます。
  • 京都御所一般公開

    京都御所通年公開

    通年公開(一般公開)は京都の風物詩です。京都御所では事前申込による通年参観や毎年秋季・春季に各5日間の一般公開が行われていたが、2016年(平成28年)7月26日から通年公開されることに決まりました。通年公開では土曜日・日曜日・祝日を含め、一年を通して申込手続が不要になりました。
  • お砂踏み

    東寺お砂踏み(毎月21日)

    お砂踏みは京都の風物詩です。お砂踏みは真言宗の宗祖である弘法大師・空海の縁日(命日)である毎月21日に行われています。お砂踏みは食堂(じきどう)の周囲に四国八十八カ所の本尊が描かれた掛軸を掛け、各札所のお砂を踏むことにより、実際にお遍路したのと同じご利益があると言われています。
  • 永福寺蛸薬師堂

    蛸薬師堂大根焚き2018/12/31

    大根焚きは京都の冬の風物詩です。大根焚きは毎年12月31日に行われています。大根焚きは1年の無事に感謝し、新年の除災招福を願って行われます。なお大根焚きを食べると厄を除け・無病息災・身体安全のご利益があると言われているそうです。なお大根焚きは太平洋戦争中を除き、古くから行われています。
  • 知恩院試し撞き

    知恩院試し撞き2018/12/27

    試し撞き2018は京都の冬の風物詩です。試し撞きは毎年12月下旬に行われています。試し撞きは大晦日の除夜の鐘の前に本番さながらに行われます。知恩院の大鐘(高さ約3.3メートル・口径約2.8メートル・重さ約70トン)は日本最大級の大きさと言われ、親綱1人・子綱16人の僧侶が撞く特殊な方法で撞かれます。

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る