カテゴリー:イベント

  • 伴緒社祭

    白峯神宮伴緒社祭2020/11/15(日程・・・)

    白峯神宮伴緒社祭(日程・時間等)を紹介。伴緒社祭は毎年11月15日に行われています。伴緒社祭では弓道と武道の上達を祈願します。伴緒社祭では神事終了後、舞殿西側にある鞠庭で、弓馬術礼法・小笠原流による御弓神事・三々九手挟式も行われます。なお三々九手挟式では的への的中数を競います。
  • 梛神社火焚祭

    梛神社火焚祭(日程・時間・・・)

    梛神社火焚祭(日程・時間・・・)を紹介しています。火焚祭は毎年11月の第3日曜日に行われます。火焚祭では氏子などの願いが込められた護摩木(火焚串)が焚き上げられます。なお火焚祭は内々の祭礼というような性格が強いかもしれません。
  • うるし祭

    法輪寺うるし祭2020/11/13(日程・・・)

    法輪寺うるし祭(日程・時間等)を紹介。うるし祭は毎年11月13日に行われています。うるし祭は平安時代に第55代・文徳天皇の第1皇子・惟喬親王がうるしの製法を本尊・虚空蔵菩薩 から教示を受けたことに因んで行われます。なお茂山忠三郎社中による狂言が奉納されます。(要確認)
  • お火焚祭

    西院春日神社お火焚祭(日程・時間・・・)

    西院春日神社お火焚祭(おしたき・みしたき)(日程・時間・・・)を紹介しています。お火焚祭は毎年11月11日に行われます。お火焚祭は社務所に置かれた太鼓が何度も打ち鳴らされるとともに始まり、本殿での神事の後に氏子などの願いが込められた火焚串(ひたきぐし)が本殿前の火床で焚き上げ、祈願成就を願います。
  • 嵐山もみじ祭

    嵐山もみじ祭2020/11/8(日程・・・)

    嵐山もみじ祭2020(日程・時間等)を紹介。嵐山もみじ祭は毎年11月の第2日曜日に行われています。嵐山もみじ祭では渡月橋上流の大堰川(桂川)に天龍寺船・野宮船・筝曲小督船・今様船・嵯峨大念仏狂言船などの船を浮かべ、伝統芸能が披露されたり、河原でイベントが行われたりします。(要確認)
  • 夕霧祭

    清凉寺夕霧祭2020/11/8(日程・・・)

    清凉寺夕霧祭(日程・時間等)を紹介。夕霧祭は毎年11月の第2日曜日に行われています。夕霧祭は夕霧太夫の追善法要です。夕霧祭では島原の太夫による舞が奉納されます。また男衆が傘を持ち、禿を従えた太夫が内八文字と言われる足さばきを披露する太夫道中も行います。(要確認)
  • 北野天満宮紅葉

    北野天満宮紅葉ライトアップ2021(日程・・・)

    北野天満宮紅葉ライトアップ2021・夜間拝観(日程・時間・・・)を紹介。紅葉ライトアップではもみじ苑がライトアップされます。また境内では夜間特別拝観が行われたり、上七軒歌舞会による日本舞踊奉納などのイベントなども行われたりします。(要確認)
  • 火焚祭

    若一神社火焚祭(日程・時間・・・)

    若一神社火焚祭(日程・時間・・・)を紹介しています。火焚祭は毎年11月10日に行われています。若一神社火焚祭は800年以上の歴史があると言われています。火焚祭では秋の五穀豊饒に感謝します。なお火焚祭では楠社の北側部分に設けられた火床で、氏子などの願いが込められた護摩木を焚き上げ、祈願成就を願います。
  • 秋季火焚祭

    安井金比羅宮秋季火焚祭(日程・時間・・・)

    安井金比羅宮秋季火焚祭(日程・時間・・・)を紹介しています。秋季火焚祭は毎年11月10日に行われています。秋季火焚祭では本殿での神事の後、氏子などの願いが込められた護摩木を焚き上げ、祈願成就を願います。なお秋季火焚祭では古来から紅白のお火焚饅頭とおこしがお供えされることになっています。
  • 大覚寺

    大覚寺紅葉ライトアップ2020(日程・・・)

    大覚寺紅葉ライトアップ2021・夜間拝観(日程・時間・・・)を紹介。紅葉ライトアップは毎年紅葉が見ごろを迎える時期に行われています。紅葉ライトアップでは本堂(五大堂)や大沢池周辺の広大なエリアをライトアップします。放生池の水面に映し出される心経宝塔の光景は圧巻と言われています。
  • 宝厳院

    宝厳院紅葉ライトアップ2021(日程・・・)

    宝厳院紅葉ライトアップ2021・夜間拝観(日程・時間・・・)を紹介。紅葉ライトアップでは嵐山の景観を匠に取り入れた借景回遊式山水庭園・獅子吼の庭などがライトアップされます。昼間と違って、夜間の静寂と艶やかな紅葉が幻想的な景観を醸し出すそうです。
  • かにかくに祭

    祇園白川かにかくに祭2020/11/8(日程・・・)

    祇園白川かにかくに祭(日程・時間等)を紹介。かにかくに祭は毎年11月8日に行われています。かにかくに祭では舞妓・芸妓が参列し、かにかくに碑に献花します。なおかくに祭の「かにかくに」は吉井勇が詠んだ歌「かにかくに 祇園はこひし 寝るときも 枕のしたを 水のながるる」に由来します。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る