カテゴリー:葵祭(京都)

  • 祇園祭

    祇園祭・葵祭(相違点・・・)

    祇園祭・葵祭はともに京都三大祭り(時代祭)・京都四大行事(時代祭・五山送り火)に数えられ、京都だけでなく、日本を代表する祭りです。また祇園祭・葵祭はともに応仁の乱の兵火などによって途絶えた時期もあるが、1000年以上の歴史を持っています。ちなみに祇園祭よりも葵祭の方が歴史があります。
  • 葵祭

    葵祭アクセス(京都御所・・・)

    葵祭アクセス情報を紹介しています。葵祭のハイライトである路頭の儀では勅使・斎王代など人約500名・馬約40頭・牛4頭・牛車2台・輿1丁など行列が京都御所から下鴨神社を経由し、上賀茂神社に向かいます。その為時間により、葵祭・路頭の儀が見られる場所が移動し、アクセス情報が重要になります。
  • 葵祭

    葵祭コース(京都御所・・・)

    葵祭コース2020をGoogleマップで紹介しています。葵祭コースは京都御所・下鴨神社・上賀茂神社までの約8キロです。葵祭では下鴨神社と上賀茂神社で社頭の儀を行う為、午前中に京都御所から下鴨神社、午後に下鴨神社から上賀茂神社までの葵祭コースを勅使・斎王代などの行列が巡行します。
  • 斎王代

    葵祭斎王代(歴代・・・)

    葵祭斎王代は葵祭のヒロインとも言われています。葵祭の本来の主役は一番位が高い勅使だが、十二単などの煌びやかな衣装を身に付ける斎王代はいつしか葵祭のヒロインとも言われるようになりました。ただ斎王代は1956年(昭和31年)に創設され、千年以上の歴史がある葵祭に比べると歴史は長くはありません。歴代斎王代も60人ほどです。
  • 葵祭

    葵祭歴史年表(起源・・・)

    葵祭歴史(葵祭の歴史)を紹介しています。葵祭とは俗称で、正式には賀茂祭(かもまつり)と言います。葵祭の歴史は祇園祭とともに千年以上あると言われています。なお葵祭は7月の祇園祭・10月の時代祭と合わせて、京都三大祭りに数えられ、8月の五山送り火を含めて、京都四大行事とも言われています。
  • 葵祭

    葵祭2020日程

    葵祭2020日程を紹介しています。葵祭2020では前儀が5月1日から始まり、5月15日に葵祭のハイライトである路頭の儀(時代行列)が行われます。路頭の儀(行列)では平安時代の装束に身を包んだ斎王代など人約500名・馬約40頭・牛4頭・牛車2台・輿1丁が京都御所から下鴨神社、下鴨神社から上賀茂神社までを巡行します。
  • 葵祭

    葵祭見どころ・簡単まとめ

    葵祭見どころ2020を紹介しています。葵祭見どころは5月15日の路頭の儀(行列)です。路頭の儀では平安装束を身に着けた人約500名・馬約40頭・牛4頭・牛車2台・輿1丁などが京都御所・下鴨神社・上賀茂神社の全長約8キロを巡行します。なお前儀である流鏑馬神事・賀茂競馬も葵祭見どころです。
  • 大文字

    京都四大行事(葵祭・祇園祭・・・)

    京都四大行事は五山送り火(大文字焼き)と京都三大祭(葵祭・祇園祭・時代祭)のことです。なお葵祭は石清水八幡宮の石清水祭・奈良春日大社の春日祭と合わせて、日本三大勅祭に数えられ、祇園祭は大阪の天神祭、東京の神田祭(山王祭)と合わせて、日本三大祭に数えられています。
  • 祇園祭

    京都三大祭(葵祭・祇園祭・・・)

    京都三大祭(京都三大祭り)は5月の葵祭(加茂祭)・7月の祇園祭・10月の時代祭のことです。なお葵祭は石清水八幡宮の石清水祭・奈良春日大社の春日祭と合わせて、日本三大勅祭に数えられ、祇園祭は大阪の天神祭、東京の神田祭(山王祭)と合わせて、日本三大祭に数えられています。
  • 葵祭

    葵祭観覧席・穴場スポット

    葵祭観覧席・穴場スポットを紹介しています。葵祭観覧スポットは大きく京都御苑・京都御苑から下鴨神社に向かう一般道・下鴨神社・下鴨神社から上賀茂神社に向かう一般道・上賀茂神社に分けられます。なお葵祭観覧スポットでは京都御苑と下鴨神社の参道に有料観覧席が設けられます。(変更の場合あり)
  • 下鴨神社

    下鴨神社献花祭2020/5/

    下鴨神社献花祭(葵祭)(日程・時間等)を紹介。献花祭は毎年5月に行われています。献花祭は祭神(鴨の大神)を慰める葵祭の前儀です。献花祭では初世・貞松斎米一馬(ていしょうさいよねいちば)以来のゆかしい手振を伝える華道遠州(かどうえんしゅう)宗家一門が精魂込めて生花(木もの)を生け、生花が神前に供えられます。
  • 下鴨神社

    下鴨神社葵祭煎茶献茶祭2020/5/

    下鴨神社煎茶献茶祭(葵祭)(日程・時間等)を紹介。煎茶献茶祭は毎年葵祭終了後に行われています。煎茶献茶祭は葵祭を締めくくる下鴨神社での最後の行事です。煎茶献茶祭では神職が神前でお祓いなどの神事を行い、舞殿で小川流家元が点てた煎茶を東本殿・西本殿の神前に供えます。なお境内に煎茶席・玉露席が設けられます。(要確認)

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る