カテゴリー:観光スポット

  • 祇王寺

    祇王寺(アクセス・見どころ・歴史・・・)・紅葉名所

    祇王寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。祇王寺は平安時代の平家の栄華と没落を描いた「平家物語(鎌倉時代成立)」にも登場し、平清盛の寵愛を受けた白拍子の祇王が清盛の心変わりにより、都を追われて母と妹(祇女)とともに出家・入寺した尼寺として知られています。
  • 仙洞御所

    仙洞御所(アクセス・見どころ・概要・・・)

    仙洞御所(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。仙洞御所は京都御苑内にあり、京都御所の南東に位置しています。仙洞御所とは退位した天皇(上皇・法皇)の御所です。なお仙洞とは本来俗世を離れた仙人の住み処を言い、そこから退位した天皇の御所を仙洞と言うようになりました。
  • 修学院離宮

    修学院離宮(アクセス・見どころ・歴史・・・)・紅葉名所

    修学院離宮(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。修学院離宮は谷川を堰き止めた人工池・浴龍池(よくりゅうち)と大刈込などを中心とした庭園で、桂離宮(かつらりきゅう)・仙洞御所(せんとうごしょ)と同じように王朝文化の美意識を示しています。
  • 桂離宮

    桂離宮(アクセス・見どころ・概要・・・)

    桂離宮(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。桂離宮の庭園は江戸時代初期に造営され、造営当初の庭園と建築物を遺しており、日本最古の回遊式庭園として知られています。なお桂離宮は外国の建築家にも簡素さの中に美と深い精神性があると高く評価されていそうです。
  • 永観堂

    永観堂(アクセス・見どころ・歴史・・・)・紅葉名所

    永観堂(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。紅葉名所・永観堂アクセスでは京都駅から地下鉄烏丸線に乗って烏丸御池駅に向かい、烏丸御池駅で地下鉄東西線に乗り換えて蹴上駅に向かい、蹴上駅からは徒歩で永観堂に向かう方法もおすすめです。地下鉄はバスに比べると比較的正確に永観堂に到着することができます。
  • 広隆寺

    広隆寺(アクセス・見どころ・歴史・・・)

    広隆寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。広隆寺は京都最古の寺と言われ、祭礼である太秦の牛祭(うしまつり)は京の三大奇祭の一つに挙げられています。なお広隆寺は蜂岡寺(はちおかでら)、秦公寺(はたのきみでら)、太秦寺などの別称があります。
  • 三十三間堂

    三十三間堂(アクセス・見どころ・概要・・・)

    三十三間堂(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。三十三間堂では毎年1月中旬頃に本堂西側の射程60メートルの特設射場で弓で的を射る通し矢(三十三間堂大的全国大会)が有名です。新成人が振袖袴姿で弓を射る姿が成人式の話題としてニュースによく流れています。
  • 常寂光寺

    常寂光寺(アクセス・見どころ・歴史・・・)・紅葉梅名所

    常寂光寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。常寂光寺は小倉百人一首に詠まれ、歌枕ともなった標高約296メートルの小倉山(雄蔵山・小椋山)の中腹の斜面にあり、秋には全山が紅葉に染まります。その常寂光土(じょうじゃっこうど)のような風情から常寂光寺と名付けられたと言われています。
  • 化野念仏寺

    化野念仏寺(アクセス・見どころ・歴史・・・)

    化野念仏寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。化野念仏寺で地蔵菩薩(お地蔵さん)の縁日に合わせ、毎年8月23日・24日に行われている千灯供養では境内の「西院の河原(さいのかわら)」に祀られている数千体の無縁仏にロウソクを灯して供養します。ちなみに千灯供養は明治時代に始まったそうです。
  • 平安神宮

    平安神宮(アクセス・見どころ・歴史・・・)・桜梅名所

    平安神宮(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。平安神宮の創建と平安京遷都1100年祭を奉祝する時代祭(10月)は明治28年に始まり、8つの時代を20の行列に分けて表現しています。なお時代祭は葵祭(5月)・祇園祭(7月)と合わせ、京都三大祭りに数えられています。
  • 知恩院

    知恩院(アクセス・見どころ・歴史・・・)・紅葉名所

    知恩院(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。知恩院は江戸幕府初代将軍・徳川家康が浄土宗徒であったことから徳川家将軍家の永代菩提所となり、江戸時代に皇族から任命され門主は徳川将軍家の猶子になったそうです。なお知恩院は「ちよいんさん」・「ちおいんさん」と呼ばれています。
  • 高台寺

    高台寺(アクセス・見どころ・歴史・・・)・紅葉名所

    高台寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。高台寺は霊屋(おたまや)が桃山様式の蒔絵が装飾されていたり、高台寺には豊臣秀吉の正室である北政所(ねね)が持っていたと伝えられている蒔絵調度類がたくさんあることから「蒔絵の寺」とも言われています。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る