カテゴリー:観光スポット

  • 勝持寺

    勝持寺(アクセス・マップ・見どころ・歴史・・・)

    勝持寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。勝持寺は境内に約100本の桜が植えられ、古くから桜の名所で、「花の寺」とも言われています。桜は平安時代に勝持寺で出家したとも言われている西行が植えたとも言われ、鐘楼の側に西行桜と言われる桜の木があります。
  • 落柿舎

    落柿舎(アクセス・マップ・見どころ・歴史・・・)

    落柿舎(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。落柿舎は松尾芭蕉の弟子・向井去来(むかいきょらい)が別荘として使用されていた草庵です。「落柿舎記」によると草庵の周囲には40本の柿の木があり、その柿の実が一夜の内にほとんど落ちたことから落柿舎と言われるようになりました。
  • 泉涌寺見どころ

    泉涌寺(アクセス・マップ・見どころ・・・)紅葉名所

    泉涌寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。泉涌寺は浄土宗の宗祖・法然上人(ほうねんしょうにん)が24歳の時に人々を救う仏教を求め、釈尊像の前に7日間こもったと言われています。なお清凉寺は釈迦堂・嵯峨釈迦堂の名でも広く親しまれています。
  • 神護寺

    神護寺(アクセス・マップ・見どころ・・・)紅葉名所

    神護寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。神護寺は紅葉の名所だが、いつ頃から名所になったかは分からないそうです。ただ室町時代から安土桃山時代に掛けて活躍した絵師・狩野秀頼が描いた「高雄観楓図屏風」には紅葉を愛でる多くの人々の姿が生き生きと描かれているそうです。
  • 清凉寺見どころ

    清凉寺(アクセス・マップ・見どころ・・・)梅名所

    清凉寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。清凉寺(嵯峨釈迦堂)は浄土宗の宗祖・法然上人(ほうねんしょうにん)が24歳の時に人々を救う仏教を求め、釈尊像の前に7日間こもったと言われています。なお清凉寺は釈迦堂・嵯峨釈迦堂の名でも広く親しまれています。
  • 地主神社見どころ

    地主神社(アクセス・マップ・見どころ・・・)世界遺産

    地主神社(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。地主神社の恋占いの石2つのは10メートルほど離れ、目を瞑って恋占いの石の間を歩き、石から石に辿り着くと恋が叶うと言われています。なお恋占いの石は縄文時代の遺物であることが確認されました。
  • 毘沙門堂

    毘沙門堂(アクセス・見どころ・・・)紅葉桜名所

    毘沙門堂の本尊・毘沙門天は天台宗の宗祖である伝教大師(でんぎょうだいし)・最澄の自作と言われています。なお毘沙門堂は青蓮院・三千院・妙法院・曼殊院と並び、京都天台五門跡のひとつに数えられています。
  • 平野神社見どころ

    平野神社(アクセス・マップ・見どころ・・・)桜名所

    平野神社(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。京都駅からの平野神社アクセスではバス・タクシーがおすすめです。平野神社に最も近い駅は嵐電北野線・北野白梅町駅だが、京都駅からは直結していません。その為お急ぎの場合にはタクシー、時間に余裕がある場合にはバスがおすすめです。(平野神社アクセス各参照)
  • 東福寺見どころ

    東福寺(アクセス・マップ・見どころ・・・)紅葉名所

    東福寺(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。東福寺アクセスでは京都駅から奈良駅を結ぶJR奈良線がおすすめです。東福寺の最寄り駅である東福寺駅は京都駅からは一つ目の駅で3分ほどで到着します。ただ紅葉シーズンにはかなり時間が掛かるかもしれません。
  • 曼殊院

    曼殊院(アクセス・マップ・見どころ・・・)紅葉名所

    曼殊院(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。曼殊院は躙口上の連子窓が虹のような影が生じることから「虹の窓」と呼ばれる茶室・八窓軒が有名です。八窓軒は仏教の八層成道に因む八つの窓から名付けられ、金地院の八窓席・大徳寺の塔頭・孤篷庵の忘筌席とともに京都三名席と言われています。
  • 松尾大社見どころ

    松尾大社(アクセス・見どころ・・・)紫陽花名所

    松尾大社(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。松尾大社のパワースポット・相生の松は雌雄根を同じくした古木で、夫婦和合・恋愛成就のご利益があると言われています。な松尾大社の「亀の井」は酒に混ぜると腐敗しないと言われ、「酒の神」として信仰されています。
  • 車折神社

    車折神社(アクセス・マップ・見どころ・歴史・・・)

    車折神社(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。車折神社の名称は鎌倉時代に第88代・後嵯峨天皇が嵐山・大堰川(おおいがわ)に行幸した際、突然牛車が車折神社前で動かなくなり、車の轅(ながえ)が折れたことから「車折大明神」の神号を賜り、「正一位」を贈られたことに由来するとも言われています。

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 勧修寺ハス

    京都ハス名所・見ごろ(法金剛院・勧修寺・・・)

  2. 三室戸寺アジサイ

    京都アジサイ名所・見ごろ(三千院・三室戸寺・・・)

ページ上部へ戻る