祇園祭日程(後祭)

橋弁慶山

祇園祭日程(後祭)

祇園祭日程(後祭)を紹介しています。祇園祭後祭(後祭り)は7月24日夕方に行われる還幸祭(かんこうさい・おかえり)に関連する行事です。ちなみに祇園祭日程(後祭)では7月24日に山鉾巡行(後祭)、7月21日~23日に宵山(後祭)が行われ、22日・23日には屋台露店に代わって、エコ屋台村が行われます。

【祇園祭 日程時間(要確認)】
祇園祭は毎年7月1日から31日まで行われます。人気の宵山は毎年7月21日~23日、山鉾巡行は毎年7月24日です。
祇園祭2020日程(山鉾巡行・宵山・・・)祇園祭2020日程一覧(山鉾巡行・宵山・・・)祇園祭2020(山鉾巡行・宵山・・・)

【祇園祭日程(後祭)・山鉾 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市中京区
最寄り駅・バス停・・・四条駅・烏丸御池駅

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ

スポンサーリンク


【祇園祭日程(後祭) 概要】
祇園祭後祭・後祭り(あとまつり・あとのまつり)は7月24日夕方から行われる祇園祭還幸祭(かんこうさい・おかえり)に関連する行事です。ちなみに祇園祭日程(後祭)では7月24日に山鉾巡行(後祭)、7月21日~23日に宵山(後祭)が行われ、22日・23日には屋台露店に代わるエコ屋台村が行われます。
(祇園祭日程(後祭) 行事(要確認))
●7月1日~・吉符入・・・山鉾町で祇園祭に関する打合せが行われます。
●7月2日・くじ取り式・・・山鉾巡行の順番を決めます。
●7月18日~21日・山鉾建て・・・10基の山鉾の組み立てが始まります。
山鉾建て・祇園祭日程(後祭)
●7月19日・松取式・・・北観音山・南観音山が真松をジャンケン・くじ引きで選びます。
松取式・祇園祭日程(後祭)
●7月20日・山鉾曳き初め舁き初め・・・北観音山・南観音山・大船鉾・八幡山が曳かれます。
山鉾曳き初め舁き初め・祇園祭日程(後祭)
●7月20日~23日・ちまき販売・・・山鉾町で厄除けちまきを購入することができます。
●7月21日・山鉾舁き初め・・・橋弁慶山が舁かれます。
●7月21日~23日・御朱印集め・・・山鉾町の御朱印を集めることができます。
●7月21日~23日・宵山・・・山鉾の駒形提灯が灯され、祇園囃子が奏でられます。(歩行者天国・屋台露店なし)
宵山・祇園祭日程(後祭)
●7月23日・役行者山護摩焚き・・・山伏が護摩木を焚き上げ、祈願成就と山鉾巡行の安全を祈願します。
●7月23日・日和神楽・・・囃子方がある山鉾町が御旅所で囃子を奉納し、晴天を祈願します。
●7月23日・南観音山あばれ観音・・・南観音山の御神体を蓮台にぐるぐる巻にし、町内を回ります。
南観音山あばれ観音・祇園祭日程(後祭)
●7月24日・山鉾巡行・・・10基の山鉾が烏丸御池から巡行します。
山鉾巡行・祇園祭日程(後祭)
●7月24日・花傘巡行・・・行列が八坂神社から巡行します。
花傘巡行・祇園祭日程(後祭)
●7月24日・還幸祭・・・3基の神輿が御旅所から巡行します。
還幸祭・祇園祭日程(後祭)

【祇園祭日程(後祭) 山鉾】
橋弁慶山(はしべんけいやま)・鯉山(こいやま)・浄妙山(じょうみょうやま)・黒主山(くろぬしやま)・役行者山(えんのぎょうじゃやま)・鈴鹿山(すずかやま)・八幡山(はちまんやま)・北観音山(きたかんのんやま)・南観音山(みなみかんのんやま)・大船鉾(おおふねほこ)

【祇園祭日程(後祭) 祇園祭】
祇園祭(ぎおんまつり)は平安時代前期の869年(貞観11年)に京都をはじめ全国に疫病が流行し、牛頭天王(ごずてんのう)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が禁苑(宮中の庭)である神泉苑に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来の化身とされる牛頭天王(素戔嗚尊)を祀り、更に牛頭天王(素戔嗚尊)を主祭神とする八坂神社(祇園社)から3基の神輿を送り、病魔退散を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。その後970年(天禄元年)から毎年旧暦6月14日に行われるようになりました。

【祇園祭日程(後祭) 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭宵山2020祇園祭山鉾巡行2020

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る